このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000233016
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M18020112387744
事例作成日
(Creation date)
2018/02/01登録日時
(Registration date)
2018年03月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年12月05日 00時30分
質問
(Question)
鬼をモチーフにした工作の本を紹介して欲しい。立体的なものが紹介されているものが良い。
回答
(Answer)
①『2がつのこうさく』には、節分の工作として鬼をテーマとした作品の手順がイラストで、完成品が写真で紹介されている。立体的な工作は、紙袋を使用したかぶるタイプのお面や、紙を三角帽の形にして作る鬼のとんがり帽子、牛乳パックを使用した鬼の腕人形、スポンジに顔を書いた「くにゃくにゃおに」、また、段ボールや空き箱で鬼を制作し、鬼の角部分に輪を投げて遊ぶ「わなげおに」や、鬼の顔を書いた箱を背負い、口の部分に玉を投げ入れて遊ぶ「おにくんにげろ」などゲームで楽しめる工作も多数紹介されている。
②『季節を感じる!12ケ月のぎょうじ工作』には、紙袋を使用したかぶるタイプの鬼のお面と、鬼の絵を書いた段ボールに、点数を書いた空き箱を貼りつけ、箱をめがけ新聞紙を丸めた豆玉を投げて点数を競う「オニと豆玉投げ」が手順をイラストで、完成品を写真で紹介している。
③『ふゆのあそび』には、鬼の絵を書いた箱を背負い、口の部分に玉を投げ入れる「ぱくぱくおにゲーム」がイラストで紹介されている。
④『1ねんきせつのこうさくあそび』には、鬼の顔のパーツを貼りつけた紙コップにひもを通し、ひもの先にアルミホイルで玉を取り付けた「おにけんだま」の手順が写真で紹介されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
工芸  (750 9版)
参考資料
(Reference materials)
①竹井史郎『2がつのこうさく』 小峰書店,1996,31p. 参照はp.4-15.
②早未恵理『季節を感じる!12ケ月のぎょうじ工作』 いんなあとりっぷ社,2011,79p. 参照はp.60-63.
③竹井史郎『ふゆのあそび』 岩崎書店,2010,32p. 参照はp.30-31.
④まるばやしさわこ『1ねんきせつのこうさくあそび』 ポプラ社,2016,114p. 参照はp.104-105.
キーワード
(Keywords)
工作
節分
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2018020112315787744
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
小学生(低学年以下)
登録番号
(Registration number)
1000233016解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!