このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000233009
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M18012017087737
事例作成日
(Creation date)
2017/8/8登録日時
(Registration date)
2018年03月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
赤目の滝にハイキングに行きたいが、そこまでの行き方や、コースが分かりやすく載っている本はないか。
回答
(Answer)
蔵書の中で、三重県の観光ガイドや関西の観光ガイド、日本の滝の本などで探してみると、下記の資料に掲載があった。岡山県から行く方法が詳しく出ているものはなかったが、大阪から電車を使った場合、車を使った場合の経路が載っているものもあった。
① 近鉄赤目口からバスを経由して、目的地付近に行く方法と、名阪国道針ICから車で行く場合の所要時間が書かれている。また、ハイキングをした場合の所要時間とコースが簡略化した地図と滝の写真とともに掲載されている。
② 赤目滝バス停をスタート地点として、赤目四十八滝を通り、落合バス停をゴール地点とするハイキングコースを地図とともに紹介している。所要時間、最大標高差、体力度、テクニック度が示されている。大阪駅から赤目滝行くまでの交通案内と所要時間とその運賃も記載されている。名張市観光協会、バス、タクシーの問い合わせ先の掲載もある。
③ 各所への所要時間を示した赤目滝バス停から始まる散歩コースを紹介しており、コースアドバイスが記述されている。全体の所要時間、歩行距離の記述あり。また、なんば駅から赤目滝バス停のアクセス方法、料金が書かれている。地図の掲載もあり。
④ ハイキングのコースについては書かれていないが、不動滝、布曳滝、姉妹滝、柿窪滝、荷担滝が図示された地図と写真が載っている。名張市役所の連絡先の掲載あり。
⑤ 赤目の峡谷への行き方の中に、赤目滝バス停で降りて300mほど進むと、赤目の峡谷の入り口に着き、赤目四十八滝のゲートであるとの記述がある。また、210pには近鉄大阪線赤目口駅が表示された地図があり、①~④の資料にある地図より、広範囲の地図である。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
①『るるぶ伊勢志摩 ‘15』 JTBパブリッシング,2014,139p. 参照はp.85.
②『関西トレッキングBESTコースガイド』 昭文社,2012,143pp. 参照はp.44-45.
③『関西の自然さんぽ スニーカーであるく24コース』 JTBパブリッシング,2016,127p. 参照はp.24-27.
④北中康文写真・文『日本の滝 2 西日本767滝』 山と渓谷,2006,495p. 参照はp.124-125.
⑤三重県高等学校日本史研究会編『三重県の歴史散歩』 山川出版社,2007,318p. 参照はp.210-211p、242-244p.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2018012017053287737
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢, 高校生, 中学生
登録番号
(Registration number)
1000233009解決/未解決
(Resolved / Unresolved)