このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000233003
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M18011809487731
事例作成日
(Creation date)
2018/01/18登録日時
(Registration date)
2018年03月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
最近、よく耳にする「TPP」について、小中学生にもわかりやすく説明された児童書はあるか。
回答
(Answer)
①には、TPPの正式名称は、「環太平洋パートナーシップ協定:Trans-Pacific Partnership」といい、「このTPPは、アジア太平洋地域の参加国で貿易や投資の障害となる規制をなくし、幅広い分野で新しい共通ルールをつくろうという協定。」と説明されている。TPPに参加することのメリットとして、TPPの参加により太平洋を囲むオセアニア、アジア、南北アメリカの広い地域の国々が同じ経済圏になるので、日本の製品をさらに売りやすくなる。と書かれている。デメリットとしては、関税がなくなることで安い商品や農産物の輸入が増え、国内の農林水産業の売り上げが減少し、厳しい状況にさらされることになる。と説明されている。     
②には、「TPPとは、Trans-Pacific Partnership(環太平洋経済連携協定)の略で、環太平洋地域の国ぐにが物やサービスを自由にやり取りするために結ばれた取り決めのこと」で、「関税をなくし、貿易をしやすくする目的があり、日本をふくめて12か国がTPP交渉に参加」している、と書かれている。「導入することで、関税をなくしたり、税率を下げ外国から日本に輸入されてくる物の流通や、それらを買う人たちのお金の流れが活発になることが期待されています。」また、「日本企業は日本製の車や家電などを海外で売りやすくなる。」一方で、「外国産の商品が安く輸入できるようになるため、消費者にとっては、よい面もありますが、国内の農家などは価格競争にさらされ、大きな打撃を受ける可能性もあります。」と説明されている。
③には、TPPとは、環太平洋パートナーシップ協定の略とあり、TPP以外にも、日本の貿易について写真とデータでわかりやすく紹介されている。
④には、TPPとは「Trans-Pacific Partnershipの略で、日本語では「環太平洋経済協定」「環太平洋戦略的経済協定」「環太平洋連携協定」などともいわれる」と書かれている。「工業製品をつくる人たちは、輸出したモノを安く売ることができて得だといいます。一方、農作物をつくる人たちは、輸入される農作物が安く売られることになるので、困るといいます。」と説明されている。その他、社会のしくみが小学生向きにわかりやすく学べる内容である。
⑤には、「安倍晋三首相は、2013年3月15日、環太平洋パートナーシップ(TPP)協定への交渉参加を表明しました。」とあり、賛成派と反対派の意見が次のように記載されている。賛成派は、「外国の農産物などが安く買えるようになる。」「外国日本製品の販売価格が安くなり輸出が増加する。」反対派は、「外国産農産物が入ってくると、国内の農業が打撃を受ける。」「外国の銀行や保険会社などのサービスが入ってくると、国内の制度がくずれたり、日本の企業が圧迫されたりする。」とある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
①『よくわかる貿易』PHP研究所,2016,63p.参照はp.32-45
②『調べる学習 子ども年鑑2016』岩崎書店,2016,223p.参照はp.85
③『写真とデータでわかる日本の貿易③ 貿易なんでもランキング』汐文社,2016,31p.参照はp.28
④社会地図研究会『社会のしくみがわかる 小学生のための現代日本まるわかり地図帳』メイツ出版,2013,128p.
参照はp.120-121
⑤池上彰『池上彰の現代史授業 平成編④』ミネルヴァ書房,2015,47p.参照はp.28
キーワード
(Keywords)
貿易、関税
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2018011809460387731
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
高校生, 中学生, 小学生(高学年)
登録番号
(Registration number)
1000233003解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!