このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000232979
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M17110411287481
事例作成日
(Creation date)
2017/10/31登録日時
(Registration date)
2018年03月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年12月05日 00時30分
質問
(Question)
フィリピンのクリスマス料理について知りたい。作り方もあれば知りたい。
回答
(Answer)
『図説クリスマス百科事典』p.451-453によると、フィリピンの食べ物は「地域によって異なり、クリスマス料理にはさまざまな文化の影響が反映している」とされる。食卓に上るものとして、次のような料理が紹介されている。
--------------------
・中華ハム
・アメリカ風の蒸し七面鳥
・郷土料理:プト・ボンボン(puto bumbong、竹の管につめた粘り気のある紫色の米で、ココナッツのすりおろしと砂糖が添えられる)
・郷土料理:パクパク(pacpac、ルソン島で好まれる揚げた豚耳)
・アーモンド・ヌガー(トゥロン/スペインから受け継いだデザート)
・メレンゲ・ロール(パスティリャ/pastilles/スペインから受け継いだデザート)
--------------------

ほか、『クリスマスクッキング』p.67によると、12月16日から24日まで毎朝4時に教会で行われるミサ「シンバン・ガビー(Simbang Gabi)」の帰りに人々が露店で買うビビンカ(Bibingka)やサラバット(Salabat/ジンジャー・ティー)、プトボンボ(Puto Bumbong)などがクリスマスならではの風物詩とされている。

また、『フィリピンの事典』p.121と「フィリピン共和国<1>世界一クリスマスが長い国」(『人権と部落問題』第66巻第14号:No.865)p.64によると、12月25日午前零時に行われるミサの後、家族や親類が集まってノチェ・ブエナ(Noche Buena/聖夜)と呼ばれる会食を行う習慣がある。「フィリピン共和国<1>世界一クリスマスが長い国」で紹介している同名のクリスマスソングには、次のような料理名が列挙されている。
--------------------
・ケソ・デ・ボラ(球形のチーズ)※クリスマスの風物詩とも言える真っ赤な蝋で包まれた真ん丸のチーズ。
・特製ハム
・暖かいビビンカ
・プト・ボンボン
・レチョン(豚の丸焼き)
・バーベキュー
・レチェ・フラン(プリンのようなお菓子)
・ブラロ(骨付き牛肉のスープ)
・スパゲッティ
・栗
・アドボ(肉や野菜を酢・醤油・香辛料で煮込んだ料理)
・フライド・チキン
・リンゴ
・パンシット・モロ(?入りのスープ)
--------------------


上記の郷土料理のうち、詳しいレシピが掲載されている資料は次の通り。
--------------------
アドボ(Adobo)
--------------------
『フィリピンと出会おう』p.10-11
『世界の料理 [13-2] 太平洋/東南アジア料理の作り方』p.65
『熱帯アジア14ヵ国の家庭料理』p.8-10に5種類
『アジアのごはん』p.36-37
「フィリピンの料理」『週刊朝日百科 世界の食べもの』78号,1982.6,p.218
「フィリピン料理って何?」『dancyu』第25巻第9号:2015-9,2015.8,p.128-129.

--------------------
レチェ・プラン(Leche Plan)
--------------------
『世界の料理 [13-2] 太平洋/東南アジア料理の作り方』p.119


料理の写真が掲載されている資料は次の通り。
--------------------
・『地球の歩き方 D27 フィリピン 2016~17』……ビーフ・ブラロ(Beef Bulalo/p.44)、チキン・アドボ(Chicken Adobo/p.45)、アドボ・プシット(Adobo Pusit/p.46)、アドボ・カンコン(Adobong Kangkong/p.46)、レッチェ・フラン(Leche Flan/p.47)
・「フィリピン共和国<1>世界一クリスマスが長い国」(『人権と部落問題』第66巻第14号:No.865)……ケソ・デ・ボラ(球形のチーズ/p.64)
・「フィリピンの料理」『週刊朝日百科 世界の食べもの』78号,1982.6……アドボ(p.218)、パンシット・モロ(pancit molo/p.219)
・『熱帯アジア14ヵ国の家庭料理』……鶏と豚肉のアドボ、カンコンのアドボの白黒写真(p.8-9)
・『アジアのごはん』……アドボ(p.37)
・「フィリピン料理って何?」『dancyu』第25巻第9号:2015-9,2015.8……アドボ(p.128-129)
--------------------
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
年中行事.祭礼  (386 9版)
参考資料
(Reference materials)
ジェリー・ボウラー『図説クリスマス百科事典』 柊風舎,2007,6,654p 図版16pp. 参照はp.451-453.
斎藤和子・指宿 弘子 料理, 斎藤和明 文『クリスマス・クッキング』 日本基督教団出版局,1997,95p. 参照はp.67.
鈴木静夫・早瀬晋三 編『フィリピンの事典』京都 同朋舎出版,1992,467p. 参照はp.121.
古沢ゆりあ「フィリピン共和国<1>世界一クリスマスが長い国」『人権と部落問題』第66巻第14号:No.865,2014.12,p.64.
ピナツボ復興むさしのネットほか編著『フィリピンと出会おう』 国土社,2002,87p. 参照はp.10-11.
タイムライフブックス編集部 編『世界の料理 [13-2] 太平洋/東南アジア料理の作り方』 タイムライフブックス,1974,139p. 参照はp.65,119.
吉田よし子 編『熱帯アジア14ヵ国の家庭料理』 楽游書房,1993,231p 図版20pp. 参照はp.8-10.
ワタナベマキ『アジアのごはん』 主婦と生活社,2016,95p. 参照はp.36-37.
吉田よし子「フィリピンの料理」『週刊朝日百科 世界の食べもの』78号,1982.6,p.218-219.
江藤詩文 文, 神林環 撮影「フィリピン料理って何?」『dancyu』第25巻第9号:2015-9,2015.8,p.128-129.
「地球の歩き方」編集室 編集『地球の歩き方 D27 フィリピン 2016~17』 ダイヤモンド・ビッグ社,2015,410p. 参照はp.44-47.
キーワード
(Keywords)
クリスマス
フィリピン
料理
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2017110411205787481
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000232979解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!