このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000232976
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M17061509587228
事例作成日
(Creation date)
2017/7/22登録日時
(Registration date)
2018年03月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
由加山(倉敷市児島)と金刀比羅宮(琴平)への両参りとはどのような風習なのか。関する資料が見たい。
回答
(Answer)
由加山蓮台寺の佐伯増恒貫主が①『由加山』のまえがきの中で両参りの風習について次のとおり解説している。「厄除けの総本山として、ご利益のある善神として、由加山の霊験を聞き、金毘羅宮と共に遠近を問わず、多勢参拝する。いわゆる両詣りの風習は古く、全国から参詣されております。一度は参らなければならない崇信のお山として、現在も参拝者が後を絶ちません。」また、p.90には「明治六年の神仏分離令により由加山と金毘羅宮とのつながりは実質的にはきれていたが一昨年(六十二年)十一月一-三日の火渡り大祭を機につながりができた。名実ともに、両参りの推進・復活である。」とある。この資料には、「由加参りと両参り」「両参りの復活」としてp.90-127に詳しく記述されている。
②『備前瑜伽山古絵図集』の解説文には「倉敷市児島由加山にある瑜伽大権現(現称由加神社と蓮台寺)はその昔商売繁盛の神さまとして五穀豊穣、海上安全の讃州金毘羅大権現と並び称された巨刹である。この両権現は両方詣ってはじめておかげがもらえるという俗信のもとに片詣りは忌まれ共々に繁栄した。」とある。
この他、ゆが・こんぴら両まいりに関する記述は以下の資料にある。
③『山陽カラーシリーズ13 岡山の金毘羅往来』山陽新聞社,1980,28p. 参照はp.21-25
④岡山県教育委員会編集『岡山県歴史の道調査報告書 第6集 金毘羅往来と由加往来・倉敷往来・鴨方往来』岡山県教育委員会,1993,73p.図版26枚 参照はp.1-3
⑤角田直一『児島の日本一物語』児島ライオンズクラブ,1988,184p. 参照はp.75-98
⑥『金毘羅参詣名所図会』の中に、瑜伽山蓮台寺の繁栄の様子が記されている。
⑦日本観光文化研究所編『重要有形民俗文化財金毘羅庶民信仰資料集 第1巻』金刀比羅宮社務所,1982,309p. 参照p.31-32
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
神社.神職  (175 9版)
参考資料
(Reference materials)
①原三正『由加山』日本文教出版,1990,173p. 参照はp.90-102 p.125-127
②『備前瑜伽山古絵図集』由加山を守る会(製作),1975
③『山陽カラーシリーズ13 岡山の金毘羅往来』山陽新聞社,1980,28p. 参照はp.21-25
④岡山県教育委員会編集『岡山県歴史の道調査報告書 第6集 金毘羅往来と由加往来・倉敷往来・鴨方往来』岡山県教育委員会,1993,73p.図版26枚 参照はp.1-3
⑤角田直一『児島の日本一物語』児島ライオンズクラブ,1988,184p. 参照はp.75-98
⑥暁鐘成『金毘羅参詣名所図会』歴史図書者,1980,30,425p. 参照はp.44-59
⑦日本観光文化研究所編『重要有形民俗文化財金毘羅庶民信仰資料集 第1巻』金刀比羅宮社務所,1982,309p. 参照p.31-32
⑧由加神社ホームページ( http://www.yugasan.or.jp
  ※2017/7/10アクセス確認
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2017061509550687228
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢, 高校生, 中学生
登録番号
(Registration number)
1000232976解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!