このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000232972
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M17030812287181
事例作成日
(Creation date)
2016/05/05登録日時
(Registration date)
2018年03月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
立石憲利『岡山の伝説』(日本文教出版)では、「物言う魚」の民話の舞台として次の淵を紹介しているが、それぞれのいわれの典拠文献(原典)があれば知りたい。

 「徳善淵」(久米郡柵原町久木)
 「道善淵」(勝田郡勝田町余野)
 「三休淵」(勝田郡勝田町)
回答
(Answer)
・「徳善淵」について『作陽誌 上巻』(資料①)の「藤原村」の項に次のとおり記述がある。

「藤原村 此の村に舟渡有り。又徳善淵有り。往年山上村民釣を垂れて?魚の甚だ大なるを得之を巨簀に盛り負担して皈り登尾にす。淵中物有り。大いに呼びて徳善に曰く。声小児の如し。?魚乍ち飛躍して淵に投じ溌溌として去る。此れより徳善淵と名づく。登尾は会名。同村に在り。」


・「三休淵」について『作陽誌 下巻』(資料②)の「小吉野荘 河原村之記」に次のとおり記述がある。

「梶並川筋堂の口と云ふ處に淵あり相傳ふ大鯰住りと一日某三休と云ふ者彼大鯰を釣獲たり丈六尺許手に携ふこと能はず漸にして背に負ひ家に歸らんとす途中にして大鯰忽然と物言て曰我は三休の方へ背を炙りに行なりと三休聞て大に驚き振ひ戦て彼淵に戻り鯰を放ち捨ると云ふ今埋れて田となる猶近き世まて大鯰住りとぞ」


・「道善淵」について『作陽誌 下巻』(資料③)の「小吉野庄 余野村之記」に次の記述がある。

「大鯰 享保年中道善と云者大鯰を釣得て手に携ること不叶脊に負て歸る尾猶地を摺るといへり途中聲を發して道善々々と呼道善大に恐懼戦慄して邊りの井に是を投す近年まて在しを故有て彼井を埋巨石を以て潰墮す 河原村三休淵と同日の談なり可併見」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
立石憲利『岡山の伝説』岡山 日本文教出版,1969,221p. 参照はp.166.
木村増夫『勝央今昔滝川のほとり』勝央町(勝田郡) 木村増夫,1978,194p. 参照はp.185.「三休淵」
立石憲利『しんごうの民話』岡山 手帖舎,1995,337p. 参照はp.281-282.「室ヶ渕」
柵原町史編集委員会『郷土の文化資料 第6集』柵原町(久米郡) 柵原町史編集委員会,1980,296p. 参照はp.204.「得善淵」
太田忠久ほか『岡山の伝説』 角川書店,1978,234p. 参照はp.196-201.「徳善渕」(久米吉岡村)
荒木博之『日本伝説大系 第10巻 山陽』 みずうみ書房,1987,354p. 参照はp.165-168.
NDC
伝説.民話[昔話]  (388 9版)
参考資料
(Reference materials)
①長尾勝明『作陽誌 上巻』岡山 日本文教出版,1963,663p. 参照はp.210.
②正木輝雄ほか『作陽誌 下巻』岡山 日本文教出版,1963,2376p. 参照はp.1363.
③正木輝雄ほか『作陽誌 下巻』岡山 日本文教出版,1963,2376p. 参照はp.1310.
キーワード
(Keywords)
もの言う魚
民話
昔話
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2017030812261087181
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000232972解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!