このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000232970
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M15102808577303
事例作成日
(Creation date)
2016/02/02登録日時
(Registration date)
2018年03月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
岡山市の表町でかつて見かけた津山往来の道しるべは、どこに移動したのか。
回答
(Answer)
①昭和51年(1976)刊『岡山の道しるべ』(資料①)によれば、津山往来の道標は「岡山市表町一丁目(旧上之町南部)の西通りにある割烹店徳芳のノレン下に、時代ものの道標がたっている」とあり、「この石は戦災復興後、この店先きに移動してきた」と解説されている。

②平成4年(1992)刊『岡山県歴史の道調査報告書 第2集 津山往来』(資料②)でも、「表町一丁目西通りのスタンド芳徳の店先に現在残っている」とある。
③平成14年11月発行「山陽道と津山往来の道しるべ」(資料②)では、津山往来の道標の本来の建立地が推測され、「岡山市所蔵」と紹介する。


岡山シティミュージアムに道標の所在について照会依頼したところ、同館の所蔵と常設展示が確認できた。(2016年現在)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
交通史.事情  (682 9版)
参考資料
(Reference materials)
①巌津政右衛門『岡山の道しるべ』岡山 日本文教出版,1976,174p. 参照はp.10.
②岡山県教育委員会『岡山県歴史の道調査報告書 第2集 津山往来』岡山 岡山県教育委員会,1992,37p. 参照はp.4.
③「山陽道と津山往来の道しるべ」『岡山県総合文化センターニュース』436,平成14年11月10日,p.1.
キーワード
(Keywords)
道標
津山往来
作州みち
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
岡山シティミュージアム
備考
(Notes)
M2015102808594777303
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000232970解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!