このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000232825
提供館
(Library)
千葉市中央図書館 (2210009)管理番号
(Control number)
千葉市中央141
事例作成日
(Creation date)
2018年03月21日登録日時
(Registration date)
2018年03月21日 10時40分更新日時
(Last update)
2018年08月02日 11時33分
質問
(Question)
祖母の話によると、学童時代(おそらく1930年前後)に、学童を対象とした見学会(修学旅行の様なもの)で当時の戦艦「陸奥」に乗ったというが、それを記録する文書文献等はありますか。
回答
(Answer)
1930(昭和5)年前後に、学童向けの軍艦の見学会が実施されていたかを調査したところ、以下の資料に関連する記述が確認できました。

1 『学校史でまなぶ日本近現代史』
(歴史教育者協議会/編、地歴社、2007.8)
※P142~144に「戦前の遠足・修学旅行」という項目があります。この中で、昭和初期に入り、戦時色が強まると、「敬神崇祖思想と国防意識の昂揚」が遠足や修学旅行ではかられて、軍施設や軍艦見学が重視されたと書かれています。144ページに『御殿場小学校創立百周年記念誌』から引用された「戦前の修学旅行。軍艦三笠の見学」の写真が掲載されています。

2 『日本海軍 歴群<図解>マスター 本モノの知識が身につく!』
(歴史群像編集部/編、学研パブリッシング、2010.11)
※P186~187に「海軍の広報活動」という項目があります。この中に、「鎮守府が置かれた各都市では、戦時を除き、軍港見学と軍艦の拝観ができた。」という記述があり、昭和9年から10年頃の呉・佐世保軍港見学案内の内容が紹介されています。また、「軍艦見学に訪れた女学生集合写真。大正13(1924)年4月撮影」というキャプションが付された写真が掲載されています。

3 「国民的アイドル戦艦「陸奥」の生涯」
(『丸』2012年4月号、潮書房、P98~101)
※上記の記事の100ページに、「この時代(※調査者註 前後の文脈から、昭和天皇が即位した昭和2年からワシントン条約を破棄した昭和9年頃までと読み取れます。)が「陸奥」にとって最も幸せな時代だったかもしれない。連合艦隊旗艦であることが多い長門と違って(「長門」と「陸奥」は交互に旗艦を務めた)、在郷軍人会や国防婦人会などの来客を迎えること」が多かったと書かれています。

1から3の資料により、戦前に、①修学旅行で軍艦見学が行われていたこと、②鎮守府が置かれた各都市では、戦時を除き、軍艦の拝観ができたこと、③戦艦「陸奥」でも見学が行われていたらしいことが分かりました。
しかし、当市の資料では学童が「陸奥」を見学したことが確認できなかったため、千葉県立西部図書館に朝日新聞の記事データベースの調査を依頼したところ、下記の関連記事の回答を頂きました。

○1929(昭和4)年3月10日 東京朝刊 11頁
 「小学生満載の通船が転覆 三田尻湾内の惨事」
  ※記事中、小学生が「陸奥」を見学したことについて触れられています。

この記事は当館所蔵の下記資料でご覧頂けます。

4 『朝日新聞縮刷版 昭和4年3月』 P10-15
 [朝日新聞社/編]、日本図書センター、2005.8)

他に、中国放送の公式ホームページで、戦前の戦艦見学に関連する映像が公開されていましたので、参考までにご紹介します。

RCC中国放送  http://rcc.jp/
 ひろしま戦前の風景(トップページの下部) > 広島市内はこちら > [12] 広島湾と戦艦見学会(2分46秒)

※昭和3年(1928年)ころの映像。解説に「後半には「扶桑」と思われる戦艦の見学会に乗船する人々なども撮影」とあります。
回答プロセス
(Answering process)
1 所蔵資料を自館OPACで検索
・キーワード「陸奥」で検索 → 『丸』2012年4月号 
・キーワード「日本海軍」で検索(あわせて該当資料の書架のブラウジング) → 『日本海軍 歴群<図解>マスター 本モノの知識が身につく!』
・「戦前」、「戦中」、「昭和初期」と「学校教育」、「子ども」、「学童」、「修学旅行」、「生活」、「日常」等のキーワードをかけあわせて検索
→軍艦ではなく、潜水艦の見学が実施されていたことが分かる資料が見つかる。
※検出された資料
(1)『戦前の生活 大日本帝国の“リアルな生活誌”』武田 知弘/著、筑摩書房、2013.3
 P154~157に「奥様方が潜水艦見学…戦前のカルチャー・ブーム」という項目あり。

2 Goooleでの検索
「陸奥」またはその他の戦艦の見学に関する情報を得るため、キーワード「陸奥」、「戦艦」、「軍艦」、「小学生」、「学童」、「見学」、「見学会」等をかけあわせて検索。3の調査で「軍艦見学」というフレーズを得た後に、再度「軍艦見学」で検索。
→ 中国放送公式ホームページ「広島湾と戦艦見学会(2分46秒)」

3 GoogleBooksによる調査
・戦艦「陸奥」の見学に関する資料
 キーワード「陸奥」、「戦艦」、「軍艦」、「小学生」、「見学」、「見学会」等をかけあわせて検索。また、この検索の過程で「軍艦見学」というフレーズを得たので、「軍艦見学」で検索 → 軍艦見学の実施について確認できる資料が検出されたが、「陸奥」ではない。
※検出された資料
(1)『そうそう そうなんだよ 小説 和田信賢』山川 静夫/著、日本放送出版協会、1983.5
 P38に小学校時代の「遠足をかねた見学会で戦艦「長門」を訪問」とある。作中に和田信賢氏は明治45年生まれとあるので、大正年間のことと考えられる。
(2)『信仰と教育と サン・モール修道会 東京百年の歩み』渋川 久子/共著、評論社、1981.6
 P275。「第三章 雙葉高等女学校設立」中に、昭和9年5月23日「五年生軍艦見学(麻耶)。」とあり。

・修学旅行と軍艦見学に関する資料
 キーワード「修学旅行」と「軍艦見学」をかけあわせて検索 →  『学校史でまなぶ日本近現代史』
 また、『修学旅行総覧』(全国修学旅行研究協会、1990)が検出される。千葉県立中央図書館所蔵の1997年発行の資料を借用して確認。P18「戦前の修学旅行の変遷」中に、修学旅行での軍艦見学についての記述あり。

4 CiniiBooks「内容検索」による調査
・戦艦「陸奥」または軍艦の見学に関する資料
 キーワード「陸奥」、「戦艦」、「軍艦」、「見学」等を掛けあわせて検索 → これといった資料はなし。
・昭和期戦前、戦中の修学旅行に関する資料
 キーワード「戦前」、「戦中」、「昭和初期」、「歴史」、「修学旅行」等をかけあわせて検索 → これといった資料はなし。

5 国立国会図書館デジタルコレクションの調査
・キーワード「軍艦見学」で検索 → 軍艦の見学が行われたと分かる資料は検出されたが、「陸奥」ではない。
※検出された資料
(1)インターネット公開『大阪府中等学生海軍軍事講習報告書』(大阪府教護聯盟 編・発行、昭和13)
   P37「軍艦見學」
(2)図書館送信資料『日本思想 2(7)』(無水庵/発行、1926-07)
   P30「横須賀の軍艦見學」

6 千葉県立西部図書館に朝日新聞記事データベース「聞蔵2ビジュアル」の調査依頼
 1から5の調査を行ったが、書籍で得られる情報が少ない。特に「陸奥」の見学に関する情報の調査には、新聞の方が適切ではないかと考える。当館で復刻版を所蔵していることから、記事本文の確認が可能な朝日新聞記事データベース「聞蔵2ビジュアル」の調査を千葉県立西部図書館に依頼。次の回答を頂いた。 → 朝日新聞 昭和4年3月11日 「小学生満載の通船が顛覆 三田尻湾内の惨事」
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
教育史.事情  (372 9版)
海軍  (397 9版)
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
歴史教育者協議会 編 , 歴史教育者協議会. 学校史でまなぶ日本近現代史. 地歴社, 2007.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008833594-00 , ISBN 9784885271809 (P142~144「戦前の遠足・修学旅行」)
歴史群像編集部 編 , 学研パブリッシング. 日本海軍. 学研パブリッシング, 2010. (歴群「図解」マスター)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011021229-00 , ISBN 9784054047631 (P186~187「海軍の広報活動」)
潮書房,丸 2012年 4月号 (98~101「国民的アイドル戦艦「陸奥」の生涯」)
[朝日新聞社/編],日本図書センター,朝日新聞縮刷版 昭和4年3月,2005.8, ISBN 4-8205-4938-3 (P10-15 3月11日「小学生満載の通船が顛覆 三田尻湾内の惨事」)
キーワード
(Keywords)
戦艦見学
軍艦見学
修学旅行
日本海軍
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000232825解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!