このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000232782
提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
北方 17-0081
事例作成日
(Creation date)
2017/12/19登録日時
(Registration date)
2018年03月21日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月21日 00時30分
質問
(Question)
2018年の「北海道150年」に関連して、松浦武四郎に関して次のことが簡潔に説明されている資料はあるか。
簡潔に概略がつかめるものと、更に踏み込んで読めるもの(例えば新書1冊程度、など)を紹介してほしい。
1 武四郎とアイヌとの関わり
2 北海道に対する功績
3 生涯について
4 更に踏み込んで読める資料
回答
(Answer)
1 武四郎とアイヌとの関わり
『北海道の名付け親 松浦武四郎』(回答資料1)
(37-48ぺージ)
多少の読み込みが必要だが、平易かつ詳しく、ポイントを抑えた解説

2 北海道に対する功績(回答資料1)
・6回にわたる蝦夷地の調査とその報告書の出版(27-35ページ)
・蝦夷地の詳細な地図の出版(35-37ページ)
・道名、国名、郡名選定上申に関わること(48-54ページ)
  また、回答資料2(22ページ)にも解説あり。

3 生涯について(回答資料2、3)
略年譜、略年表を紹介。
回答資料2は、武四郎の著作との関わりに詳しい。

4 更に踏み込んで読める資料について
回答資料1、4~8を紹介。

資料4はページ数が多いが、著作の内容等にも踏み込んで詳細に知ることができる。
資料5は、資料2よりも手軽なボリュームで、周辺の人物や武四郎の著作にも触れている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 7版)
参考資料
(Reference materials)
1 北海道の名付け親 松浦武四郎 山本 命∥語り手 井上 孝栄∥編集 伊勢の国・松坂十楽 2007.3 289/MA (アイヌ民族との関わり、北海道への業績)p.50-54「アイヌ民族の大地」という意味の「北海道」 (アイヌ民族との関わり)p.37-48「武四郎が見たアイヌの人びと」

2 松浦武四郎記念館図録 松浦武四郎記念館∥編 松浦武四郎記念館 1996.2 289/MA p.22道名、国名、郡名の選定に関する上申書図版、 p.42-43「松浦武四郎略年譜」(蝦夷地に関する著作を記す)

3 松浦武四郎研究序説 笹木/義友∥編 笹木 義友 2011.3 289/MA/イ p.3「松浦武四郎略年表」

4 定本松浦武四郎 上 吉田武三∥著 三一書房 1972 289/MA/1 ページ数:501p  図 肖像あり。 松浦武四郎の評伝。(※下巻は、武四郎著作の解読を収録)

5 松浦武四郎  吉田武三∥著 日本歴史学会 吉川弘文館 1967 289/MA/イ ページ数:269p 図版  新書判に近い手軽なサイズで、生涯を掴むことができる。

6 白い大地 吉田 武三∥著 さ・え・ら書房 1973 J289/MA ページ数:228p 児童書。

7 松浦武四郎 蝦夷への照射 更科 源蔵∥[著] 淡交社 1973 289/MA ページ数:232p 蝦夷地調査の各回の報告(日誌)をもとに、蝦夷地への旅を中心に述べる。

8 北への視角  シンポジウム「松浦武四郎」 松浦武四郎研究会∥編 北海道出版企画センタ- 1990.9 289/MA ページ数:313p 1988年9月の講演会(高倉新一郎、ドナルドキーン)、10月のシンポジウムの内容を収録。武四郎研究の概史のほか、武四郎の紀行、アイヌ語、蝦夷図作製、出版活動などのテーマによる各研究者の発表をまとめたもの。
キーワード
(Keywords)
松浦武四郎
北海道150年
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000232782解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!