このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000232204
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000038362
事例作成日
(Creation date)
2018/01/19登録日時
(Registration date)
2018年03月07日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月27日 15時43分
質問
(Question)
福井県で曽祖父が「やくしゅしょう(やくしゅうしょう)」あるいは「やくしゅや」を営んでいたと聞いた。薬問屋のようなものと考えるが、実際にそのような職業があったのか、漢字ではどのように書くのか知りたい。
回答
(Answer)
『時代小説職業事典』p184に
「薬商」の項目あり。
薬種屋は、薬種問屋の通称とある。
薬種問屋・・・薬種は漢方薬の材料。はじめこれを扱い、のちには国産の和薬もあわせた和漢薬を扱った問屋。
回答プロセス
(Answering process)
▽日本語大事典をひく。
 →「ヤクシュショウ」として「薬種商」あり。薬を調剤し販売する人とある。

▽衣食住の本を探す
●『時代小説職業事典』歴史群像編集部/編 学研教育出版 2009(384.3)
→(P.184~185)「薬商」の項目に「薬種屋」は薬問屋の通称であると記載あり。薬種問屋は、はじめ漢方薬の材料を扱い、後には和薬もあわせた和漢薬を扱った問屋である。「生薬屋」、「薬種屋」の通称がある。

▽調剤(499)の本を探す。
●『最新調剤薬局の動向とカラクリがよ〜くわかる本』藤田道男著 秀和システム 2012(499.0)
→(P.17)第一章4項「日本の医薬分業①―分業以前(明治~戦後)に、薬種商の成立について記載あり。江戸時代の生薬屋(きぐすりや)が薬舗になり、さらに薬局と薬種商に移行した。薬種商販売業は2009年の薬事法改正まで存在していた。

▽その他、昭和初期の薬種商に関する資料
●『日本の郷土産業 4 近畿』新人物往来社 1975(602)
 →大阪府道修町についての記述が主だが、昭和初期の薬種商の業界についての記載あり(PP.136~142)。
●『くすりの社会誌』西川 隆/著 薬事日報社 2010(499.0)
 →明治から平成までの製剤、売薬に関する社会誌。
●『和漢薬への招待』難波 恒雄/著 東方出版 1996(499.8)
 →和漢薬の解説書。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
薬学  (499)
参考資料
(Reference materials)
『時代小説職業事典』 歴史群像編集部/編 学研教育出版
『最新調剤薬局の動向とカラクリがよ〜くわかる本』 藤田 道男/著 秀和システム
『日本の郷土産業4』 日本地域社会研究所/編 新人物往来社
『くすりの社会誌』 西川 隆/著 薬事日報社
キーワード
(Keywords)
薬種商(ヤクシュショウ)
薬種屋(ヤクシュヤ)
薬学(ヤクガク)
薬事法(ヤクジホウ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000232204解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!