このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000231969
提供館
(Library)
大阪府立中之島図書館 (2120002)管理番号
(Control number)
6001029884
事例作成日
(Creation date)
2018/02/08登録日時
(Registration date)
2018年03月02日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月02日 00時30分
質問
(Question)
カルチャーセンター(カルチャースクール)の利用者の動向(性別・年齢別の受講講座)、もしくは性別・年代別の余暇の過ごし方(文化的な活動)について知りたい。
回答
(Answer)
【図書】

●『業種別審査事典 第13次 第7巻 サービス関連(広告 コンサルタント) 学校 地公体』 金融財政事情研究会‖編 (金融財政事情研究会 2016.1)

p.737-745「7090 カルチャーセンター」

p.741「図表5 余暇活動の性・年代別参加率上位10種目(平成26年)」
(この図表5の出典は『レジャー白書 2015』p.25)

(ちなみに、「7090 カルチャーセンター」の項目以外に、p.728-736「7089 外国語学校」、p.746-752「7091 パソコン教室」などの項目も掲載されている。)

●『レジャー白書 2017』 日本生産性本部‖編集 (日本生産性本部 2017.8)

p.25に、上記の『業種別審査事典 第13次 第7巻』p.741「図表5 余暇活動の性・年代別参加率上位10種目」の最新版である「図表1-10 余暇活動の参加率上位10種目(2016年[平成28年])」が掲載されている。
男女別、年代別(10代、20代、30代、40代、50代、70代)に、余暇の過ごし方の上位10種目のパーセンテージが記載されている。

p.29「図表1-13 余暇活動の潜在需要(希望率-参加率) 上位10種目(2016年)」に、男女別、年代別(10代、20代、30代、40代、50代、70代)に、上位10種目のパーセンテージが記載されている。
ちなみに、p.27に「図表1-12 希望率上位20種目(2016年、2015年)」が掲載されているが、男女別および男女全体の上位20種目であり、年代別にはなっていない。

p.42「図表1-26 性・年代別参加率(2016年) (イ)スポーツ部門」(28項目)
p.43「図表1-26 性・年代別参加率(2016年) (ロ)趣味・創作部門」(29項目)
p.44「図表1-26 性・年代別参加率(2016年) (ハ)娯楽部門」(21項目)
p.45「図表1-26 性・年代別参加率(2016年) (ニ)観光・行楽部門」(12項目)、「図表1-26 性・年代別参加率(2016年) (ホ)その他部門」(18項目)
p.46「図表1-27 参加人口の性・年代別構成比(2016年) (イ)スポーツ部門」(28項目)
p.47「図表1-27 参加人口の性・年代別構成比(2016年) (ロ)趣味・創作部門」(29項目)
p.48「図表1-27 参加人口の性・年代別構成比(2016年) (ハ)娯楽部門」(21項目)
p.49「図表1-27 参加人口の性・年代別構成比(2016年) (ニ)観光・行楽部門」(12項目)、「図表1-27 参加人口の性・年代別構成比(2016年) (ホ)その他部門」(18項目)
特に「(ロ)趣味・創作部門」に、カルチャーセンターで取り扱われるような項目が多く含まれている。
 
p.67-127「第2章 2016年の余暇関連産業・市場の動向」のp.83-91「第2節 趣味・創作部門」に、「地域学、健康、ロボットなど カルチャーセンターが講座展開」(p.88-90)が掲載されている。

●『業種別業界情報 2018年版』 中小企業動向調査会‖編著 (経営情報出版社 2018.1)

カルチャーセンター(カルチャースクール)という項目はないが、p.114-141「サービス業(教育)」の中に、「資格学校」「英会話学校」「モータースクール」「プログラミング教室」「料理学校」「ヨガ教室」「ダンス教室」などの項目があり、業界動向が記載されている。そのうち、性別・年代別のデータがあるのはp.139「ダンス教室」の「洋舞、社交ダンスの性・年代別参加率」(出所「レジャー白書 2017」)のみである。

●『余暇・レジャー&観光総合統計 2018-2019』 (三冬社 2017.8)

p.153-202「第4章 趣味・娯楽に関するデータ・調査」
p.154-157「趣味・娯楽の行動者数・行動者率」
p.154-155「図表4-1-1 男女・年齢・趣味・娯楽の種類別、行動者数」、およびp.156-157「図表4-1-2 男女・年齢・趣味・娯楽の種類(その他の主な内訳)別、行動者数及び行動者率」に、男女別、年代別(10-14歳、15-24歳、25-34歳、35-44歳、45-54歳、55-64歳、65-74歳、75歳以上)に、各項目ごとの推定人口等が記載されている。


【webサイト】(2018/2/8現在)

全国民間カルチャー事業協議会
http://www.culture-center.gr.jp/

性別・年齢別の受講講座は分からないが、どのような講座があるのかを調べる手段としては、上記の関連団体のwebサイトが参考になる。


[事例作成日:2018年2月8日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
業種別審査事典 第7巻 第13次 金融財政事情研究会‖編 金融財政事情研究会 2016.1 (p.737-745)
レジャー白書 2017 日本生産性本部‖編集 日本生産性本部 2017.8 (p.25, 29, 42-49, 88-90)
業種別業界情報 2018年版 中小企業動向調査会‖編著 経営情報出版社 2018.1 (p.114-141)
余暇・レジャー&観光総合統計 2018-2019 三冬社 2017.8 (154-155)
http://www.culture-center.gr.jp/  (全国民間カルチャー事業協議会)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
ビジネス,統計データ
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000231969解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!