このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000231352
提供館
(Library)
国立教育政策研究所教育図書館 (4110014)管理番号
(Control number)
NIER2017061
事例作成日
(Creation date)
2018年02月26日登録日時
(Registration date)
2018年02月26日 17時40分更新日時
(Last update)
2018年11月01日 17時40分
質問
(Question)
戦時中、空襲警報があっても教員は公務をしていたと聞いた。実際にはどのような仕事をしていたのか知りたい。
回答
(Answer)
「学校防空指針」(昭和18.)に空襲警報時の活動態勢が示されている。


・学校防空指針(国立国会図書館デジタルコレクションにあり)
『防空要覧』p. 141-176
  http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460430
回答プロセス
(Answering process)
(1)国立国会図書館デジタルコレクションで「空襲警報」「学校」で検索

「写真週報」(283)
 p.14「学校、工場・・・対する一般の心得」(空襲警報時の心得)
 →「学校で定められた任務のあるものは、すぐに任務につく」とあり

(2)学校で何らかの任務が定められていることが分かったので、
『近代日本教育制度史料』を調査
 7巻「第10編 学校教育の戦時体制 三.学校報国隊、学校防空、教育に関する戦時非常措置」
 p.204-222
 「学校防空指針」に空襲警報時の教員の任務について記載があった

(3)インターネットで閲覧できる資料を調査
 回答のとおり、国立国会図書館デジタルコレクションで見つかった
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
教育史.事情  (372)
参考資料
(Reference materials)
近代日本教育制度史料 第7巻
近代日本教育制度史料編纂会編 -- 大日本雄弁会講談社, 1956.
【当館請求記号】373.08||1||1
キーワード
(Keywords)
空襲
警戒警報
先生
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000231352解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!