このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000231043
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
春野ー1-00005
事例作成日
(Creation date)
2017.12.27登録日時
(Registration date)
2018年02月22日 15時29分更新日時
(Last update)
2018年03月31日 18時44分
質問
(Question)
順天堂大学黒澤尚教授が2013年に発表したという、ひざ痛の新原因に関する記事を読みたい。
2017.12.26放送の「たけしの家庭の医学」の中で紹介されていた。
回答
(Answer)
黒澤尚ほか著「変形性膝関節症の病態・診断・治療の最前線」順天堂醫事雑誌,2013,59,P138〜151,2013を紹介。
2013.2.16開催の第31回都民公開講座での原稿で、ひざ痛の新しい原因となる内容の記述がされているため、該当のものと思われる。
インターネット上で、下記より全文を確認することが出来る。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jmj/59/2/59_138/_pdf (2018.2.22最終確認)
回答プロセス
(Answering process)
1 「2013」「ひざ痛の新原因」「黒澤尚」などをキーワードに自館OPACで検索しても、それらしきものはヒットせず。

2 同様のキーワードでCiniiで論文検索するが、確定できない。

3 2013年以降の黒澤尚の著書を参考に確認するが、それらしき記述は見つけられない。
  ①『図解専門医が教える!ひざ痛の最新治療と予防法』黒沢尚、日東書院本社、2016.1
  ②『最新版ひざの痛みをしっかり治すコツがわかる本』黒沢尚、学研パブリッシング、2013.8

4 1、2と同様のキーワードをグーグルで検索すると、2017.12.26放送の「たけしの家庭の医学」についての記事が複数ヒット。
  「TV朝日たけしの家庭の医学」HP( https://www.asahi.co.jp/ hospital/ onair/171226.html)(2017.12.27最終確認)に、「ひざ関
節のある部分が厚くなることがひざ痛の新原因」と紹介されているが、資料名等は記載なし。
  別の「気になる色々~生活を楽しく&豊かに~」HP( https://yukhd.com/2017/12/26/takeshi-improve-knee-pain/ )(2017.12.27最
終確認)というサイトで同番組を紹介。「ひざ痛の新原因」は「ひざ関節の滑膜が厚くなること」といい、「軟骨がすり減ると軟骨の破片が滑膜に
  付着し、炎症が起きて痛みに繋がり、滑膜が厚くなる」とのこと。

5 4の内容から3-①の資料に当てはめてひざ痛の原因を探すと、「変形性ひざ関節症」という病名の記述に同様の内容が書かれている。(p74~89)

6 再度、「黒澤尚」「変形性ひざ関節症」「滑膜」などをキーワドに、GoogleやCiniiなどで検索。
「黒澤尚」の運動療法に関する論文は多数ヒットするが、それらは従前より提唱している物で、「ひざ痛の新原因」に関するものではない。
  その中で、2013.2.16開催の第31回都民公開講座での「変形性膝関節症の病態・診断・治療の最前線」の原稿は2013年のものであり、4内容と同
様の記述がされているため、該当のものと思われる。
インターネット上で、下記より全文を確認することが出来る。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jmj/59/2/59_138/_pdf (2017.12.27最終確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
黒澤尚
膝痛
2013年
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000231043解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!