このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000231008
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2017-132
事例作成日
(Creation date)
2017年02月17日登録日時
(Registration date)
2018年02月21日 15時44分更新日時
(Last update)
2018年05月31日 16時36分
質問
(Question)
目を構成する各部が、どのような成分でできているか知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介した。
『標準眼科学 第12版』(木下茂[ほか]編 医学書院 2013)
 p3-4 眼球の構造として、「強・角膜(強膜、角膜)、ぶどう膜(虹彩、毛様体、脈絡膜)と神経網膜(網膜)の3層構造」とあり。また、眼の内容物として、「房水、水晶体、硝子体」が挙げられている。
 その他本文中に角膜、強膜、角膜実質、角膜実質、水晶体、硝子体の成分の記載あり。

『眼科学 1 第2版』(大鹿哲郎編 丸尾敏夫監修 文光堂 2011)
 本文中に、強膜、角膜、虹彩、脈絡膜、網膜、房水の成分表記と、水晶体、硝子体の一部成分表記あり。
回答プロセス
(Answering process)
NDC分類〈496〉(眼科学)の棚を調査する。
『標準眼科学 第12版』『眼科学 1 第2版』(回答資料)

質問に関する記述のない資料
『眼科疾患最新の治療 2016-2018』(大橋裕一編 白神史雄編 南江堂 2016)
『白内障・緑内障 ここまで進んだ最新治療 聖路加国際病院健康講座 11』(山口達夫監修 双葉社 2002)
 p18 水晶体について「たんぱく質33%、水分66%、ミネラル1%」とあるのみ。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
眼科学.耳鼻咽喉科学  (496 9版)
参考資料
(Reference materials)
『標準眼科学 第12版』(木下茂[ほか]編 医学書院 2013), ISBN 978-4-260-01651-3
『眼科学 1 第2版』(大鹿哲郎編 丸尾敏夫監修 文光堂 2011), ISBN 978-4-8306-5537-1
キーワード
(Keywords)
成分
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
健康・医療
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000231008解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!