このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000230997
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2017-130
事例作成日
(Creation date)
2017年02月28日登録日時
(Registration date)
2018年02月21日 13時48分更新日時
(Last update)
2018年05月31日 16時11分
質問
(Question)
イスラムの詩人、アブル・アル・マアッリー(973-1057年)についての資料を探している。
回答
(Answer)
質問に関してまとまった記述のある資料は見つからなかった。参考までに以下の資料を紹介した。

『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 1 ア-カチ』(フランク・B.ギブニー編集 TBSブリタニカ 1972)
 p127 「アブル・アラー・アル・マアッリー」の項に、生涯と詩集名等の記述あり。

『集英社世界文学大事典 1 人名』(『世界文学大事典』編集委員会編 集英社 1996)
 p12-13 アブル・アラーの項あり。

『コンサイス外国人名事典』(三省堂編修所編 三省堂 1999)

『岩波西洋人名辞典』(岩波書店編集部編 岩波書店 1981)

『新版世界人名辞典 東洋編』(河部利夫編 中村義編 東京堂出版 1994)

『新潮世界文学辞典』(江川卓[ほか]編集 新潮社 1990)

『日本大百科全書 21 へき-ます』(東京 小学館 1988)

『世界伝記大事典 世界編 10 ヘレ-マ』(桑原武夫編 ほるぷ出版 1981)

『平凡社大百科事典 13 フハ-マキ』(平凡社 1985)

『世界歴史大事典 1 ア-イシ』(教育出版センター 1986)
回答プロセス
(Answering process)
1 自館目録を〈イスラム & 文学〉で検索する。

2 参考図書を確認する。
『外国人物レファレンス事典 古代-19世紀』(日外アソシエーツ編集部編 日外アソシエーツ 1999)
 「Abu'l-Ala Ahmad al-Maarri」あり。

3 『外国人物レファレンス事典 古代-19世紀』に掲載されている資料を確認する。
(回答資料)

4 《Google》( http://www.google.co.jp/  Google)を〈アブル・アラー〉で検索する。
《コトバンク》( https://kotobank.jp/  朝日新聞社)の『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』の結果がヒットするのみ。

〈その他調査済み資料〉
『イスラーム文明史 政治・宗教・文学にわたる七章』(ハミルトン・A.R.ギブ著 加賀谷寛〔ほか〕訳〔編〕 みすず書房 1968)
『事物の声絵画の詩 アラブ・ペルシア文学とイスラム美術』(杉田英明著 平凡社 1993)
『イスラム事典』(平凡社 1982)
『イスラーム辞典』(黒田寿郎編 1983)
『ブリタニカ国際大百科事典 1 アイ-イギリスシ』(フランク・B.ギブニー編集 TBSブリタニカ 1972)
 p533 「アブル・アラー・アルマアッリー」が例として挙がっている。

ウェブサイトの最終アクセス日は2017年2月28日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
アラブ諸国  (228 9版)
伝記  (280 9版)
参考資料
(Reference materials)
『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 1 ア-カチ』(フランク・B.ギブニー編集 TBSブリタニカ 1972)
『集英社世界文学大事典 1 人名』(『世界文学大事典』編集委員会編 集英社 1996), ISBN 4-08-143001-2
キーワード
(Keywords)
Abu'l-Ala Ahmad al-Maarri(アブル アラー アル マアッリー)
イスラム-文学
詩人
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000230997解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!