このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000230708
提供館
(Library)
茨城県立図書館 (2110017)管理番号
(Control number)
茨城-2017-059
事例作成日
(Creation date)
2017/06/29登録日時
(Registration date)
2018年02月15日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年02月25日 09時35分
質問
(Question)
江戸から明治・大正期ぐらいまで,境町または古河市にあった「ヨロイショウユ」の場所を知りたい。「ヨロイ」は会社名か屋号かもしれない。五十嵐家が経営か?
回答
(Answer)
依頼のありました件について,下記のとおり回答しますので,ご確認ください。
残念ながら,境町・古河市でヨロイショウユを見つけることはできませんでした。 記
1 人名録等を調査
(1)『都道府県別資産家地主総覧 茨城編』(渋谷 隆一/編,日本図書センター,1988)
 収録されている「日本全国商工人名録・第二版」(明治31年),「日本全国商工人名録・第五版」(大正3年),「大日本商工録」(第11版,昭和5年)を確認しました。
 「日本全国商工人名録・第二版」には,ヨロイ・五十嵐ともに記載ありません。
 「日本全国商工人名録・第五版」に「猿島・北相馬二郡商工人名」(p.924-927)があり,醤油業・酒類醤油販売の項目がありますが,ヨロイ,五十嵐ともに記載ありません。
 「大日本商工録」に「醤油・味噌(醸造)」(p.50-52)の項目がありますが,ヨロイ,五十嵐ともに記載ありません。

(2)電話番号簿
①『茨城県下各地電話番号簿 昭和4年』(水戸郵便局/編,水戸郵便局,1929)
 当館で所蔵している戦前の電話番号簿はこの1冊で,「古河ノ部」を確認しましたが,ヨロイ,五十嵐ともに記載ありません。

②『茨城県下各地特設電話番号簿』(東京逓信局)  ※茨城県立歴史館所蔵
 茨城県立歴史館に電話番号簿の資料群がありましたので,確認してもらいました。「特設電話番号簿」には「古河ノ部」「境ノ部」があるとのことです。
あいにくヨロイ,五十嵐が付く者はなかったとのことですが,境ノ部に酒醤油氷問屋で境屋の屋号を持つ五十畑姓があったとのことです。参考まで。
 
2 県史・勧業資料等から調査
①『茨城県史料 近世社会経済編3』(茨城県立歴史館/編,茨城県,1988)
 p.26の解説をみますと,「廻草」(銚子市ヤマサ本社所蔵)に境2軒,古河2軒の醤油造家の名が出ているとのことですが,あいにくこの史料が翻刻されているものを見つけることはできませんでした。

※その他調査済資料
・『茨城県史料 近代産業編4』(茨城県立歴史館/編,茨城県,1991)
・『茨城県統計書 明治42年第3編 産業ノ部』(茨城県/編,茨城県,1911)
・『茨城県勧業雑誌』(茨城県勧業課,1882-1886) 19冊
・『関東の醤油と織物』(林 玲子/著,吉川弘文館,2003)
・『土浦市史編集資料 第4篇』(土浦市史編纂委員会/編集,土浦市教育委員会,1968)


3 境・古河の市町村史等から調査
①『下総境の生活史 史料編近世3 河岸問屋の大福帳』(境町史編さん委員会/編集,境町,2004)
 1冊すべてが小松原家の大福帳の翻刻です。
 p.933の史料解説第1表「境河岸経由主要荷物」をみると醤油もありますが,索引等がないため,個々の追跡は難しいです。町名等が書いてある場合もありますが,番地等は記載ありません。

②『下総境の生活史 史料編近現代』(境町史編さん委員会/編集,境町,2004)
 p.198に「1884年(明治17) 伏木村 醤油醸造高調」があり3名の名が挙がっていますが,ヨロイ,五十嵐はありません。

③『下総境の生活史 地誌編地誌』(境町史編さん委員会/編集,境町,2004)
 p.94に「江戸時代末の境町(小松原家文書)」の屋敷割図があります。字が小さく読みにくいのですが,「醤油屋忠助」と「万屋次兵衛」(ヨロズヤ?)がありました。
 小松原家文書は,境町歴史民俗資料館に現物があります。

④『境河岸』(ふるさと文庫)(椎名 仁/著,筑波書林,1982)
 p.52の「その他の商人」の項に安永2年(1773)の書上があり,「醤油造高」で,「源左衛門」,「吉兵衛」,「儀三郎」,「太兵衛」,「兵左衛門」の名前があります。姓・屋号は記載なし。
 p.108「境町職業構成表(明治4年)」によると「醤油(造)」が5件ありますが,具体的な名前は挙がっていません。
 巻末に「明治初年の境町」という地図(屋敷割図)がついています。「明治初年のものとおもわれる 小松原家所蔵の地図をもとにその他の史料から書き加えた。」との注が付されています。
③の地図は屋号がありましたが,こちらの地図は屋号ではなく,姓名で記載されています。「五十嵐」姓はないようです。

⑤『古河市史 通史編』(古河市史編さん委員会/編,古河市,1988)
p.747に明治30年代の酒造業者6名と醤油醸造業者が7名挙がっておりますが,ヨロイ,五十嵐ともにありません。
なお,現在まで残っているのは青木酒造のみとの記載があります。

※その他調査済資料
・『猿島の郷土史』(今井 隆助/著,今井隆助,1965)
・『猿島の歴史』(今井 隆助/著,古河市公民館,1963)
・『猿島郡郷土誌』(稲葉 賢介/著,猿島郡教育会,1900)
・『猿島郡郷土大観』(郷土顕彰会/編,郷土顕彰会,1927)
・『境町の歴史散歩』(椎名 仁/著,筑波書林,1985)
・『ふるさとの歴史』(境町歴史民俗資料館/編,境町歴史民俗資料館,2006)
・『さかいの歴史ものがたり』(茨城県猿島郡境町教育委員会/編集,茨城県猿島郡境町教育委員会,2005)
・『下総境の生活史 史料編近世2 村の生活』(境町史編さん委員会/編集,境町,2002)
・『下総境の生活史 図説・境の歴史』(境町史編さん委員会/編集,境町,2005)


4 関連する機関等
 既に照会済かもしれませんが,いずれの館も学芸員がいますので,ご相談されてはいかがでしょうか。

① 境町歴史民俗資料館 TEL:0280-81-3353  FAX:0280-81-3354
② 古河歴史博物館 TEL:0280-22-5211 FAX:0280-22-5215
回答プロセス
(Answering process)
(1) 人名録・電話番号簿等を調査
(2) 県史・勧業資料等から調査
(3) 境・古河の市町村史等から調査
(4) 関連機関を紹介
事前調査事項
(Preliminary research)
醤油工業組合に問合せたところ,一番古い名簿は昭和32年のもので,そこにはなかった。
NDC
食品工業  (588 9版)
関東地方  (213 9版)
参考資料
(Reference materials)
渋谷隆一 編 , 渋谷, 隆一, 1930-. 都道府県別資産家地主総覧 茨城編. 日本図書センター, 1988.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001940900-00 , ISBN 4820550098
茨城県史料近世社会経済編3茨城県立歴史館/編茨城県
境町史編さん委員会/編集 , 境町(茨城県). 下総境の生活史 史料編近世3. 境町, 2004.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I010533689-00
境町史編さん委員会/編集 , 境町(茨城県). 下総境の生活史 史料編近現代. 境町, 2004.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I010533690-00
境町史編さん委員会/編集 , 境町(茨城県). 下総境の生活史 地誌編地誌. 境町, 2004.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I010533692-00
境河岸椎名 仁(1923~)/著筑波書林
古河市史編さん委員会 編 , 古河市. 古河市史 通史編. 古河市, 1988.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001903223-00
キーワード
(Keywords)
茨城県(イバラキケン)
境町(サカイマチ)
古河市(コガシ)
醤油(ショウユ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土,人物
質問者区分
(Category of questioner)
県内公立図書館
登録番号
(Registration number)
1000230708解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決