このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000230582
提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-17-142
事例作成日
(Creation date)
2018年2月13日登録日時
(Registration date)
2018年02月14日 16時34分更新日時
(Last update)
2018年03月09日 13時18分
質問
(Question)
與良熊太郎の『各種学級教授』という資料に出てくる「方法的単元」について知りたい。
回答
(Answer)
内容の解釈については回答できないので、教育学に関する辞典類からの回答とする。『長野県歴史人物大事典』神津良子編 郷土出版社 【N283/13】の「与良熊太郎」の項目中に、「ヘルバルト派の五段階教授法の普及に努めた」とあるので、これにかかわる記述のものを紹介する。

『現代学校教育大事典 4』p.558の「単元」に記載あり。この文章中にこの概念が日本に導入されたのは明治20年代とあり、與良熊太郎の『各種学級教授』の発行である1894年とも違和感はない。

ほかに、『新教育学大事典 5』p.116、『現代授業研究大事典』p.410-411 などにも記載があった。
回答プロセス
(Answering process)
1. 「与良熊太郎」について、略歴、業績等を。『長野県歴史人物大事典』で確認する。教授法の普及についての記載あり。

2. 『各種学級教授』は、当館では所蔵していない。国立国会図書館デジタルコレクションで『各種学級教授』【最終確認2018.2.24】を確認する。

3. NDC370.3 の棚で教育学の事典類を調べる。「単元」の項目中に「方法的単元」についての記述あり。また、提唱者チラー(ツィラー)はヘルバルト学派の教育学者とわかる。これらを回答とする。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
教育  (370 8版)
参考資料
(Reference materials)
安彦 忠彦 〔ほか〕編集 , 安彦‖忠彦. 新版現代学校教育大事典 4. ぎょうせい, 2002.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I010147870-00  (【370.33/アタ/4】)
細谷 俊夫 ほか編 , 細谷‖俊夫. 新教育学大事典 : タ‐ハ 5. 第一法規出版, 1990.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I025151832-00  (【370.33/ホト/5】)
吉本均 責任編集 , 吉本, 均, 1924-1996. 現代授業研究大事典. 明治図書出版, 1987.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001847260-00 , ISBN 4182767020 (【370.7/ヨヒ】)
キーワード
(Keywords)
方法的単元
単元
ツィラー
Ziller,T.
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000230582解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決