このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000230447
提供館
(Library)
成田市立図書館 (2310029)管理番号
(Control number)
DR20171000240
事例作成日
(Creation date)
2017/11/1登録日時
(Registration date)
2018年02月13日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年02月13日 00時30分
質問
(Question)
抹茶の木は何の木か。
以前、「茶の木の中でも、抹茶になるのは特別な木だ」と読んだ記憶がある。
回答
(Answer)
抹茶の木という木はない。どの資料にも、栽培方法や使用する部位、製法により、異なるお茶になると記載されている。
『茶道ハンドブック』p.6‐に緑茶の種類として、「抹茶は大別して濃茶と薄茶に分けられる。濃茶は、三十年以上、七、八十年ぐらいの樹齢を経た木の新芽を摘む。」「薄茶は樹齢が三年から十五、六年ぐらいの木の新芽を摘んだものである。」と書かれている。
また、『日本の茶』p.260-に優良品種の選抜として、碾茶にするための品種選抜の歴史と、品種の特性の表が記載されている。
さらに、『茶の科学』p.6-には、茶樹の起源と伝播について記載がある。
回答プロセス
(Answering process)
質問者が『現代煎茶道事典』『角川茶道大事典』の抹茶の項については確認済みだった。
そのため、まずは茶道関係の資料を確認したが見当たらず、製茶関係の資料を確認した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
農産物製造.加工  (619 9版)
参考資料
(Reference materials)
現代煎茶道事典,主婦の友社/編,1981.4 (当館請求記号 R791/ゲ)
角川茶道大事典,林屋辰三郎/編集委員代表,2002.9, ISBN 4-04-022601-1
茶道ハンドブック 茶道のすべてがわかる小事典 新版,田中仙翁/著,2007.4, ISBN 978-4-385-41054-8
日本の茶 歴史と文化,吉村亨/著,1984.7, ISBN 4-473-00879-7
茶の科学,村松敬一郎/編,1991.3, ISBN 4-254-43031-0
キーワード
(Keywords)
抹茶
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献調査
内容種別
(Type of subject)
一般
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000230447解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!