このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000230383
提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
北方 17-0053
事例作成日
(Creation date)
2017/11/18登録日時
(Registration date)
2018年02月12日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年02月12日 10時58分
質問
(Question)
明治から大正期において、道内で煉瓦を作っていた場所を知りたい
回答
(Answer)
関連資料を調査、内容は次のとおり
『日本煉瓦史の研究』(回答資料1)
p160~164:「北海道の煉瓦」概要
明治5年:開拓使茂辺地煉化石製造所(現上磯町茂辺地)
明治16~17年頃から明治24年以降:江別太煉化石工場(現江別市)
明治17年:鈴木煉瓦工場(白石村 現札幌市白石区)
この工場については、大正7年の記録もある
明治25年:樺戸集治監(現月形町)

『北海道開拓記念館調査報告 19号』(回答資料2)
p49~56:「旭川地域のレンガ史概観」
p49:神居村(現旭川市)で煉瓦製造が行なわれていたとされ「(工場の)正式の設置年月は不明である。
   これを北海道鉄道部が明治29年11月に買収し(中略)、事業を開始したのが、記録されている最初」とある。
また、同工場は明治32年に、上記の鈴木煉瓦工場が払い下げを受け「鈴木煉瓦工場旭川分工場」となったとも記載されている。
p51:「第1図旭川地域レンガ工場変遷図」
   (明治から大正にかけての旭川地域の煉瓦工場について一覧にまとめられている。)

『北海道開拓記念館研究報告 6号』(回答資料3)
p89~102:「野幌地方のレンガ史」
p89:「明治31年になって、初めて野幌地域にレンガ工場の設立を見た」と記述あり。
p94:「第2表 野幌地域レンガ工場数推移」
   (同地域における明治から昭和にかけての煉瓦工場についてまとめられている。)
p89:道内におけるレンガ製造について幕末から明治初期は函館地方で始まり、その後「(明治20年代にかけて)
   豊平村、月寒村、白石村など現在の札幌市にレンガ工場が群立」、明治30年以降「野幌地域にレンガ工場の
進出が続出し、同地域が道内レンガ生産の中心となった」と記載されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
建築構造  (524 7版)
参考資料
(Reference materials)
1 日本煉瓦史の研究 水野/信太郎?著 法政大学出版局 1999.3 524.24/NI p160-164
2 北海道開拓記念館調査報告 第19号 野幌丘陵とその周辺の自然と歴史 北海道開拓記念館 1980.3 069/HO/19 p49-56
3 北海道開拓記念館研究報告 第6号 野幌丘陵とその周辺の自然と歴史 北海道開拓記念館∥編 北海道開拓記念館 1981.3 069/HO/6 p89-102
キーワード
(Keywords)
煉瓦
レンガ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000230383解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!