このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000230380
提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
北方 17-0050
事例作成日
(Creation date)
2017/11/01登録日時
(Registration date)
2018年02月12日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年02月12日 00時30分
質問
(Question)
戦前の温泉に関する府県の規則を調べている。
北海道では昭和8年8月に庁令45号で「鉱泉取締規則」という規則が定められており、
この規則の以前、以後で温泉に関わる規則が制定または改正された内容を確認したい。
(1945年までが対象)
これ以外の規則に関しては、大正12年4月の庁令69号「温泉工事取締規則」
明治20年北海道庁令第74号というのがあるようだ。

●その質問の出典や情報源、調査済み事項など
武田軍治『地下水利用権論』岩波書店、1941年 p272
司法研究 報告書第29号13 『温泉に関する法律的研究』司法省調査部 p141
以上の本に一部の規則が掲載されている。
回答
(Answer)
『北海道庁公報目録』、『北海道庁布令全書』より規則の掲載資料と掲載ページを調査
・昭和8年8月8日庁令45号「鉱泉取締規則」
 掲載資料:『北海道庁公報[マイクロフィルム] 昭和5~昭和8年』(回答資料1)
 掲載箇所:北海道庁公報 第240号 昭和8年16日発行 p356~360

・大正12年4月24日庁令69号「温泉工事取締規則」
 掲載資料:『北海道庁公報 [マイクロ資料] 大正12年5月?大正12年9月』(回答資料2)
 掲載箇所:北海道庁公報 第160号 大正12年5月2日発行 p782~785

・明治20年6月24日庁令第74号「温泉工事取締規則」
 掲載資料:『北海道庁布令全書 明治20年自1月 至12月』(回答資料3)
 掲載箇所:p190

その他の規則については、当館所蔵『北海道鉱泉誌 第1編』(北海道立衛生研究所報 第7集抜粋)の「本道における鉱泉史及び温泉行政の沿革」に掲載されている。
『北海道立衛生研究所報』は北海道立衛生研究所ホームページより全文閲覧・印刷可能

・北海道立衛生研究所ホームページ
http://www.iph.pref.hokkaido.jp/ (最終確認 2017.11.1)
(北海道立衛生研究所ホームページ>刊行物>所報)
該当記事は『北海道立衛生研究所報』№7(1957年)の第3章 調査研究業績の15 北海道鉱泉誌 第1篇総論(第1部)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地震学  (453 7版)
参考資料
(Reference materials)
1 北海道庁公報 [マイクロ資料] 昭和5年?昭和8年 マイクロ・フィッシュ(製作) 1996 M/1957 第240号 昭和8年8月16日発行 p356-360

2 北海道庁公報 [マイクロ資料] 大正12年5月?大正12年9月 北海道立図書館(製作) 1987 M/974 第160号 大正12年5月2日発行

3 北海道庁布令全書 明治20年自1月 至12月 北海道第一部記録課∥編 北海道第一部記録課 1887- 318.1/HO/M20 p190

4 北海道鉱泉誌 第1編 薬学課・環境衛生学課∥[著] 衛生部環境衛生課∥[著] 北海道立衛生研究所 1955 453.9/HO/1 北海道立衛生研究所報 第7集抜粋 p136-140
キーワード
(Keywords)
温泉
鉱泉
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000230380解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決