このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000230225
提供館
(Library)
大阪府立中之島図書館 (2120002)管理番号
(Control number)
6001029557
事例作成日
(Creation date)
2018/01/25登録日時
(Registration date)
2018年02月09日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年02月09日 00時30分
質問
(Question)
「ぎんりょうそう」と「ぎょりんそう」は同じ植物かどうかを知りたい。
回答
(Answer)
【図書】

以下の辞典・事典・植物図鑑類には、「ぎんりょうそう(銀竜草・銀龍草)」の項目はあるが「ぎょりんそう」の項目はなく、「ぎんりょうそう」の解説文中に「別名をぎょりんそうという」旨の記述も見当たらない。

●『広辞苑 第6版』 新村/出∥編 (岩波書店 2008.1)
p.777「ぎんりょうそう(銀竜草)」=「イチヤクソウ科の腐生植物。<中略>茎と鱗片状の葉は白色で半透明。<中略>夏、白色の花を茎頂に単生。」とあり、別名として「ユウレイタケ」「スイショウラン」が挙げられている。(図あり)

●『大辞林 第3版』 松村/明∥編 (三省堂 2006.10)
p.694「ぎんりょうそう(銀竜草)」=イチヤクソウ科の腐生植物。<中略>全体が白色で<中略>数個の鱗片状の葉をつける。夏、茎頂に壺状円筒形の花が一個下向きにつく。」とあり、別名として「ユウレイタケ」が挙げられている。

●『日本国語大辞典 第2版 第4巻』 小学館国語辞典編集部∥編集 (小学館 2001.4)
p.724「ぎんりょうそう(銀龍草)」=「イチヤクソウ科の多年草。<中略>腐生する。」とあり、別名として「漢名、水晶蘭。まるみのぎんりょうそう。ゆうれいたけ。ゆうれいそう。ゆうれいばな」が挙げられている。(図あり)

●『大辞泉 増補・新装版』 小学館『大辞泉』編集部∥編集 (小学館 1998.11)
p.734「ぎんりょうそう(銀竜草)」=「イチヤクソウ科の多年草の腐生植物。<中略>白く半透明。<中略>うろこ状の葉が重なってつく。夏、茎先に、下向きの花を一個開く。」とあり、別名として「水晶蘭。幽霊茸。」が挙げられている。(写真あり)

●『日本語大辞典 第2版』 (講談社 1995.7)
p.586「ぎんりょうそう(銀竜草)」=「イチヤクソウ科の多年生腐生植物。<中略>葉は鱗片状。夏に、白花を開く。」とあり、別名として「ユウレイタケ」が挙げられている。(写真あり)

●『世界大百科事典 改訂版 7』 (平凡社 2005)
p.661「ギンリョウソウ(銀竜草)」=「イチヤクソウ科の腐生植物。<中略>全体が白くろうそくのように見える。<中略>葉は互生し、白色で鱗片状。春から夏にかけて、1個の白色の筒形の花が下向きにつく。」とあり、別名として「ユウレイタケ(幽霊茸)」が挙げられている。(図あり)

●『原色牧野植物大図鑑 [正]』 牧野/富太郎∥著 (北隆館 1982.5)
p.397「ギンリョウソウ」=「いちやくそう科」に分類されており、「山地の林中の落葉の中にはえる腐生植物。<中略>花は夏。」とあり、「漢名水晶蘭を慣用。」と別名が挙げられている。(図あり)

ちなみに、p.339に「ギョリュウ(御柳)」が掲載されているが、「鑑賞のために庭に栽植する落葉小高木」とあり、「草」ではない。

●『日本の野生植物 3 草本 合弁花類』 佐竹/義輔∥[ほか]編 (平凡社 1981.10)
p.6「ギンリョウソウ」=「イチヤクソウ科」に分類されており、「腐植土の上にはえる。<中略>4-8月に開花する。全体に白色で」とあり、別名として「ユウレイタケ(幽霊茸)」が挙げられている。また、「ギンリョウソウ」が属する「ギンリョウソウ属」の解説には、「萼片は鱗片葉に似て」とある。(写真あり)

●『原色野草観察検索図鑑(保育社の原色図鑑 58)』 長田/武正∥著 (保育社 1981.5)
p.237「ギンリョウソウ(マルミノギンリョウソウ)」=「イチヤクソウ科」に分類されており、「森の腐植土上に生える無葉緑の植物で全草白色。<中略>白色りん片状の葉をつけ、<中略>花期は6~8月。」とある。(図・写真あり)

●『朝日百科 世界の植物 第2版 2 種子植物 II』 (朝日新聞社 1980.2)
p.503「ギンリョウソウ」=「イチヤクソウ科」に分類されており、「花が5月から8月ごろに咲く。<中略>葉は鱗片状に退化、<中略>白色」とあり、「キセルとかユウレイタケ、あるいはトックリなどともよぶ。」と別名が挙げられている。(写真あり)


【webサイト】(2018/1/25現在)

●「阿蘇くじゅう国立公園内 風香る花の村 くじゅう花公園」のwebサイトの「スタッフブログ」 > 「2015年5月10日 非常に珍しいギョリンソウを!」
http://www.hanakoen.com/2015/05/10/15017/
「非常に珍しいギョリンソウ(銀竜草)を見つけることができました。
別名:幽霊茸(ゆうれいたけ)とも呼ばれています。
中国では、「 水晶蘭 」と呼ばれており、確かに美しい色をしています。」
として、白い花の写真が掲載されている。

●「栂池自然園花ライブラリー(栂池高原ホテル)」
http://www.tsugaike-kh.com/flowerDB/?did=78
「ギョリンソウ(銀竜草)
分類:イチヤクソウ科 ギンリョウソウ属の腐生植物
花の色:白
開花時期:7月下旬~8月中旬」
とある。

以上の調査から、図書には「ぎんりょうそう(銀竜草・銀龍草)」の別名が「ぎょりんそう」であるとの記載は見あたらなかったが、上記のwebサイトの情報「別名:幽霊茸、水晶蘭」「イチヤクソウ科」「花の色:白」「開花時期が5~8月」と掲載写真が、図書の情報と一致することから、同じ植物であろうと推察される。

また、図書には「ぎょりんそう」の特徴として葉が「鱗片状」であることが記載されていることから、「魚鱗草」と間違えられて広まったり俗名となったりしたのかもしれないが、そのような記載は見当らなかった。
ただし、個人のwebサイトには「魚鱗草」の字が当てられているものが複数ある。

大阪市立長居植物園の「みどりの相談コーナー」
http://www.nagai-park.jp/n-syoku/consul.html
(2018/1/25現在)
も紹介した。


[事例作成日:2018年1月25日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
広辞苑 第6版 新村/出∥編 岩波書店 2008.1 (p.777)
大辞林 第3版 松村/明∥編 三省堂 2006.10 (p.694)
日本国語大辞典 第4巻 第2版 小学館国語辞典編集部∥編集 小学館 2001.4 (p.724)
大辞泉 増補・新装版 小学館『大辞泉』編集部∥編集 小学館 1998.11 (p.734)
日本語大辞典 第2版 講談社 1995.7 (p.586)
世界大百科事典 7 改訂版 平凡社 2005 (p.661)
原色牧野植物大図鑑 [正] 牧野/富太郎∥著 北隆館 1982 (p.397)
日本の野生植物 3 佐竹/義輔∥[ほか]編 平凡社 1981 (p.6)
原色野草観察検索図鑑 長田/武正∥著 保育社 1981.5 (p.237)
朝日百科 世界の植物 2 朝日新聞社 1980 (p.503)
http://www.hanakoen.com/2015/05/10/15017/  (阿蘇くじゅう国立公園内 風香る花の村 くじゅう花公園)
http://www.tsugaike-kh.com/flowerDB/?did=78  (栂池自然園花ライブラリー(栂池高原ホテル))
http://www.nagai-park.jp/n-syoku/consul.html  (大阪市立長居植物園「みどりの相談コーナー」)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000230225解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!