このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000230153
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2017-122
事例作成日
(Creation date)
2018年02月07日登録日時
(Registration date)
2018年02月07日 14時34分更新日時
(Last update)
2018年04月24日 17時21分
質問
(Question)
「老鴉笑猪黒 自醜不覺得」という諺の出典・用例が知りたい。
回答
(Answer)
意味等についての記述はあったが、初出となる古典等の表記がみつからなかったため出典はわからなかった。既に諺として認識された上での記述だが、『金瓶梅』に多少字の異なる同じ意味の諺が出てくるので参考として紹介した。

『日中ことわざ辞典』(金丸邦三編著 同学社 2000)
 p232日本:目糞鼻糞を笑う(類)猿の尻笑い 
 中国:禿子笑和尚(類)五十歩笑百歩/老鴉笑猪黒
 p105日本:猿の尻笑い(類)目糞が鼻糞を笑う
 中国:老鴉笑猪黒(類)老鴉落在猪身上
『成語・ことわざ辞典 中日韓比較対照』(朴美子著 ふくろう出版 2011)
 p260中国:「禿子笑和尚/五十歩笑百歩/烏鴉笑猪黒」
 日本:「坊主頭坊主を笑う/【成】目糞が鼻くそを笑う」
 韓国:「ハングル語(糞ついた犬糠ついた犬叱る)」
『中国の俗諺』(田中清一郎著 白水社 1979)
p242 「鳥が豚の黒いのを笑う、自分の醜さがわからない[老鴉笑猪黒、自丑不覚得](丑→醜)
( Lao ya xiao zhu hei, zi chou bu jue de.)
     「老鴉」は鳥。「猪」は豚、中国の豚は黒いのが多い。不覚得」は気がつかない。」
『近世文学と漢文学』(和漢比較文学会編集 汲古書院 1988)
 p278「老鴉笑話猪児足」
 p277「「又云」はその八は俗諺談である。と言っても、それは『金瓶梅』中にしばしば見える後世の俗諺に着目したもので~」とあり。
『金瓶梅詞話 下』(蘭陵笑笑生著 人民文学出版社 2000)※中国語資料
 p901「乳児老鴉笑話猪児足」欄外に語の注釈があるが比喩の意味のみ。
回答プロセス
(Answering process)
1 NDC分類823〈中国語〉及び813〈辞典〉の書架を確認する。

2 《国会図書館デジタルコレクション》( http://dl.ndl.go.jp  国会図書館)でNDC分類823〈中国語〉の資料を確認する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
辞典  (823 9版)
辞典  (813 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日中ことわざ辞典』(金丸邦三編著 同学社 2000), ISBN 4-8102-0262-3
『成語・ことわざ辞典 中日韓比較対照』(朴美子著 ふくろう出版 2011), ISBN 978-4-86186-467-4
『中国の俗諺』(田中清一郎著 白水社 1979), ISBN 4-560-04104-0
『近世文学と漢文学』(和漢比較文学会編集 汲古書院 1988)
キーワード
(Keywords)
諺-中国-辞書
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000230153解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決