このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000230023
提供館
(Library)
相模原市立橋本図書館 (2210035)管理番号
(Control number)
相橋-H29-036
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2018年02月04日 17時14分更新日時
(Last update)
2018年02月04日 17時20分
質問
(Question)
記録メディアの今後の展望、今現在は紙が主に使われているが、今後はどのように記録されていくのか(今現在は紙が主に使われているが、今後はどのように記録されていくのか)について書かれている資料を探している(インターネットで閲覧できる論文などを含む)。
回答
(Answer)
資料③~⑧を閲覧後、③④⑧を貸出した。
また、①②を案内した。
回答プロセス
(Answering process)
市内OPACでキーワード“記録メディア”“記録媒体”などで検索したが、質問に沿う資料は見つからなかった。

CiNii( http://ci.nii.ac.jp/ 2017/11/24 最終確認)で“記録メディア 展望”“電子書籍 展望”などで検索した結果、PDFで閲覧できる次の資料が見つかった。

①『1.記録メディアの動向と今後の展望』 宮下英一/著 映像情報メディア学会誌 68(1), 22-25, 2014 (J-STAGE)
②『電子書籍の課題と展望』 松永公廣/著  名古屋学院大学論集. 社会科学篇 49(3), 1-12, 2013 (機関リポジトリ、DOI)

情報科学に関する棚をブラウジングした結果、次の資料を見つけた。

③『デジタル文化革命』 デジタル文化財創出機構/著 東京書籍 2016 (自館請求記号:CO007.5)
日本文化のデジタル化について書かれた資料で、その中で記録メディアやデジタルアーカイブについての記載がある。

④『デジタル時代の知識創造』 長尾真/監修 KADOKAWA 2015(自館請求記号:CO007.3)
デジタルアーカイブや電子書籍などをテーマにして書かれている。

電子書籍に関する棚をブラウジングした結果、次の資料を見つけた。
⑤『2015年の電子書籍』 野村総合研究所/(他)著 東洋経済新報社 2011 (自館請求記号:023)
⑥『本は死なない』 ジェイソン・マーコスキー/著 講談社 2014 (自館請求記号:023)
⑦『電子書籍を日本一売ってみたけれど、やっぱり紙の本が好き。』 日垣隆/著 講談社 2011 (自館請求記号:023)
⑧『紙の本は、滅びない』 福嶋聡/著 ポプラ社 2014 (自館請求記号:023.1)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
情報学.情報科学  (007)
出版  (023)
参考資料
(Reference materials)
『デジタル文化革命』 デジタル文化財創出機構/著 東京書籍 2016
『デジタル時代の知識創造』 長尾真/監修 KADOKAWA 2015
『2015年の電子書籍 現状と未来を読む』 野村総合研究所/(他)著 東洋経済新報社 2011
『本は死なない Amazonキンドル開発者が語る「読書の未来」』 ジェイソン・マーコスキー/著 講談社 2014
『電子書籍を日本一売ってみたけれど、やっぱり紙の本が好き。』 日垣隆/著 講談社 2011
『紙の本は、滅びない』 福嶋聡/著 ポプラ社 2014
キーワード
(Keywords)
記録メディア
電子書籍
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000230023解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決