このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000229300
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根子2017-04-001
事例作成日
(Creation date)
2017/4/5登録日時
(Registration date)
2018年01月28日 11時52分更新日時
(Last update)
2018年06月14日 11時09分
質問
(Question)
自家製の椿油を作ってみたいのだが、作り方がわかる本はないですか。
回答
(Answer)
当館所蔵から以下を紹介。

【資料1】 『油の絵本 つくってあそぼう 15』 (農山漁村文化協会 2006)
 p14-15 「ナタネ、ツバキ、オリーブの油のしぼり方」 
  椿の実を砕いて加熱し、ジャッキを使って油を絞る方法が、写真で解説されている。 道具はプライヤー、ホットプレート、ミルサーなど。 p12-13に 木枠、竹筒、小型ジャッキを材料にした自家製搾油機の作り方あり。 p34-35に 自家製搾油機をつくるときの注意点、油しぼりのポイントの記載あり。

【資料7】 『農家が教える手づくり油読本』 (農山漁村文化協会)
 巻頭口絵に 「ツバキ油」 の絞り方あり。 ※【資料1】とほぼ同じ内容。
  

その他、参考として以下の資料を紹介。

【資料2】 『つばき油の文化史』 (雄山閣 2014)
 p109-111 「古代の採油は鍋で煮出したか」
  搾具が作られる以前の種子から油を取り出す方法としては、最も旧式であり、簡単なものに、鍋式といわれるものがある。 採取した種子を乾燥させる。 乾燥した種子に鍋で熱を加え、熱々にものを粉砕し、これを水とともに鍋に入れ、火を焚いて20分煮出す。 分離した油をくみ出し、布で濾す。

【資料3】 『つばき 第5号』 (山陰カメリアン・クラブ 1982.2) 
 p10-11 「キノミ油の手作り」
  8月下旬~9月中旬に採取した果実を、乾燥させて鉄鍋で炒り、杵でついて粉砕し、水を入れた鍋で煮る。 上澄みをすくい取って煮詰める。 油の歩留まりは種子一升で油一合七勺~二合。

【資料4】 『隠岐の文化財 第1号』 (隠岐島前教育委員会・隠岐道後教育委員会 1983.12)
 p52-53 「木の実の採油と油石」
  油絞りが出来る迄は、一般に鍋で煮出して採油していた。 実を煎って搗きつぶし、水の入った鍋で煮て、浮き出た油をすくい取る。 瓶などに入れ、底に沈んだ水やごみを取り除いてきれいな油にした。

【資料5】 『しまね農政研 No.152 1991.8月号』 (島根農政研究会)
 p18-20 「椿油で新しいまちづくり 白椿ふるさと会 島根県能義郡広瀬町」
  集めたツバキの実を乾燥させ、いって粉砕機にかける。 細かく砕いた実を大鍋で煮ると油分が表面に浮いてくる。 浮いた油を鍋ぶたに付着させて集め、精製する。 実当たり油量の割合いは十分の一で、一石の実で一斗の油が取れている。

【資料6】 『手業に学べ 月の巻』 (小学館 2000)
 p62-117 「大島の椿油作り 高田八郎」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
油脂類  (576 8版)
民間信仰.迷信[俗信]  (387 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】すずきおさむ へん , みやざきひでと え , 鈴木, 修武 , 宮崎, 秀人, 1972-. 油の絵本. 農山漁村文化協会, 2006. (つくってあそぼう ; 15)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008122751-00 , ISBN 4540052012 (p12-13,14-15,34-35 当館請求記号 学校支援576/ア06)
【資料2】有岡利幸 著 , 有岡, 利幸, 1937-. つばき油の文化史 : 暮らしに溶け込む椿の姿. 雄山閣, 2014. (生活文化史選書)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I025971150-00 , ISBN 9784639023401 (p109-111 当館請求記号 576.1/ア14)
【資料3】井原皓. キノミ油の手作り. 山陰カメリアン・クラブ, 1982.2. つばき 第5号 p. 10-12 (p10-12 当館請求記号 SZ62 ※貸出禁止資料)
【資料4】木村康信. 隠岐と椿の物語. 隠岐島前教育委員会・隠岐道後教育委員会, 1983.12. 隠岐の文化財 第1号 p. 49-54 (p53 当館請求記号 SZ70 ※貸出禁止資料)
【資料5】島根農政研究会 編 , 島根農政研究会. しまね農政研 1990~91年. 島根農政研究会, 1990.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I069172965-00  (合綴資料 当館請求記号 郷096.1/393/90-91 No.152)
【資料6】塩野米松 著 , 塩野, 米松, 1947-. 手業に学べ 月の巻. 小学館, 2000. (Be-pal books)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002938142-00 , ISBN 4093663572 (p62-117 当館請求記号 384.3/シ/4 ※書庫資料)
【資料7】農文協 編 , 農山漁村文化協会. 農家が教える手づくり油読本 : ヒマワリ、ナタネ、エゴマ、ツバキ、オリーブ… : 栽培・搾油から燃料まで. 農山漁村文化協会, 2012.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I023576421-00 , ISBN 9784540121340 (巻頭口絵,p127 当館請求記号 617.9/ノ12)
キーワード
(Keywords)
椿油
搾油
オイル
燃料
植物油
油料作物
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000229300解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!