このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000229270
提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
0050003830
事例作成日
(Creation date)
20130822登録日時
(Registration date)
2018年01月28日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年01月31日 18時09分
質問
(Question)
フランシス・ブリンクリーという人物について、人名事典以外で、人物情報の出ている書籍を知りたい。
回答
(Answer)
資料1のp.389-390「ブリンクリー」の項に文献が掲載されている。そのうち当館が所蔵しているものは資料2から資料9。この他、資料10、資料11にもブリンクリーについての記述がある。

資料2 p.289-340「F・ブリンクリ」生涯・年譜・業績・資料年表・遺族、遺跡の5章からなり、詳細に書かれている。
資料3 p.65-92「フランシス・ブリンクリ」(山本美保子著)
資料4 p.229-237「親日英人ブリンクリー父子」
資料5 p.466-476「ブリンクリーさん父子-二代の親日家」
資料6 p.96-110「明治初年の英語教育」(磯部彌一郎著)文中「ブリンクリー氏」(p.103-105)
資料7 p.195-202「ブリンクリーの死-附、デニングの死-」
資料8 ブリンクリーの著作。伊藤博文、菊池大麓が序文を書いている。資料1によると、1977(昭和52)年に桐原書店から刊行されている版には解題(松峯隆三著)があるようだが、都立図書館では未所蔵。
雑誌『書物春秋』18号(1932年5月)p.23-25「『ジャパン・メイル』とブリンクリー」(蛯原八郎著)資料9に掲載。
資料10 p.2493「ブリンクリー」の項
資料11 p.356「ブリンクリ」の項

 資料1に掲載されている文献のうち、雑誌『Tokyo Municipal news』15巻5号(1965年12月)には「Brinkley and His Son:Japanophile Englishmen (Tatsumaro Tezuka)は掲載されている。都立中央図書館では欠号だが、国立国会図書館で所蔵している。
 また、「国立国会図書館」( http://www.ndl.go.jp/ )の「雑誌記事」検索画面の「論題名」に<ブリンクリ>を入れて検索すると39件ヒットし、このうち関連のありそうなものが4件ある。(最終確認日:2017年12月12日)
資料12 雑誌『異文化研究』 3号(2006年10月)p.115-133 「ジャック・ロナルド・ブリンクリーの足跡-父フランシスの影響を受けて」 (長森清著)

資料12は都立多摩図書館で所蔵している。

以下3件は国立国会図書館所蔵雑誌の記事で、都立図書館ではこれらの雑誌を未所蔵のため内容については確認していない。

○『英文學論考』42号(2016年) 立正大学英文学会 p.7-35「親日家ブリンクリー親子の生涯と功績」(長森 清著)   
○『日本英語教育史研究』25号 (2010年) 日本英語教育史学会事務局 p.1-21「ブリンクリ著『語學獨案内』と斎藤文法-日本における日英比較対照研究の源流」( 斎藤浩一著)  
○『観光文化』30巻2号通巻176号(2006年3月) 日本交通公社 p.18-21「明治の親日家 ブリンクリーのダブリン-気まま旅が結びつけた百年の子孫たち」 (沢木泰昭著)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
ヨーロッパ  (283 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】来日西洋人名事典/武内博/編著/日外アソシエーツ , 1995.1 <R/2803/24B/95>
【資料2】近代文学研究叢書 第13巻/昭和女子大学近代文学研究室/編/昭和女子大学光葉会 ,1959 <J080/K596/K1-13>
【資料3】学苑 7巻 12号 (1940年12月)
【資料4】英学史の周辺/手塚竜麿/著/吾妻書房 ,1968 <8301/T587/E>
【資料5】下村寅太郎著作集 10/ 下村寅太郎/[著]/みすず書房 , 1995.12 <1080/3005/10>
【資料6】明治文化発祥記念誌/大日本文明協会/編/大日本文明協会 , 1924 <2160/D175/M>
【資料7】日本欧字新聞雑誌史/蛯原八郎/著/大誠堂 ,1934 <0702/ 3/ >
【資料8】新語学独案内/エフ、ブリンクリー/著/三省堂/1911再版ニ就テ <830.0/5038/1911>
【資料9】書物春秋 複製版下 18号?25号(1932年5月?1935年2月))
【資料10】広辞苑/新村 出/編/岩波書店/2008.1 <R/813.1/5077/2008>
【資料11】国史大辞典 第12巻 ふ-ほ/国史大辞典編集委員会/編/吉川弘文館 ,1991.6 <R/2103/32/12>
【資料12】異文化研究 3号 (2006年10月)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000229270解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!