このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000229211
提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
参調 17-0064
事例作成日
(Creation date)
2017/03/29登録日時
(Registration date)
2018年01月27日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年01月27日 00時30分
質問
(Question)
花は根に鳥は古巣に帰るなり
春のとまりを知る人ぞなき
千載和歌集 崇徳院

この和歌の意味・解説を教えてください

●その質問の出典や情報源、調査済み事項など
千載和歌集 崇徳院
回答
(Answer)
当館蔵書検索で「千載和歌集」を検索。

『千載和歌集』(久保田淳著)、『八代集 3』、には歌意、解説なし。『八代集全註 第2巻』はp327に「花は根に」の歌と、「花は根、鳥は古巣、みな帰る所しれたれども、春の帰りゆくとまりは知人なしと也」と説明があるのみ。
千載和歌集の解説本である『谷山茂著作集 3 千載和歌集とその周辺』『千載集』(松野陽一著)にざっと眼を通してみたが、「花は根に」の解説は見つからなかった。
『新日本古典文学大系 10 千載和歌集』p46に「花は根に」の歌と、簡単な歌意、解説があり。(10行程度)
『新日本古典文学大系 10 千載和歌集』は貸出可能資料(館外貸出も可能)。

論文でこの歌について扱われているものがないか、CiNiiで調査。「崇徳」「歌」をキーワードに検索したところ、14件ヒット。そのうち機関リポジトリで本文を読むことができる、「復古歌人としての崇徳院 (野島健児教授追悼号)」山田哲平著 (『明治大学教養論集』507号(2015年3月刊)掲載)という論文に、「花は根に」について解説があり。
明治大学学術成果リポジトリ( https://m-repo.lib.meiji.ac.jp/dspace/handle/10291/17814  最終確認20170329)。『明治大学教養論集』の31~81pが該当論文だが、「花は根に」については61~64p「最終等着地の喪失」に記述があり。

貸出不可資料では、『日本秀歌秀句の辞典』p168に3行程度の解説、『新編和歌の解釈と鑑賞事典 』p374に半ページ程度の歌意、解説があり。

3月31日電話連絡あり。複写依頼する、とのこと。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 7版)
参考資料
(Reference materials)
1 日本秀歌秀句の辞典 小学館辞典編集部?編集 小学館 1995.3 911.033/NI 168pに3行程度の解説あり

2 新編和歌の解釈と鑑賞事典 井上/宗雄?編 武川/忠一?編 笠間書院 1999.9 911.103/I 374pに半ページほど歌意、解説があり。

3 新日本古典文学大系 10 千載和歌集 佐竹昭広∥[ほか]編 岩波書店 1993.4 918/SH/10

1 千載和歌集 久保田/淳?校注 松野/陽一?校注 笠間書院 1969 911.1357/SE

2 八代集 3 奥村恒哉∥校注 平凡社 1987.5 911.135/HA/3

3 八代集全註 第2巻 八代集抄 山岸/徳平?編 有精堂 1985 911.135/HA/2

4 谷山茂著作集 3 千載和歌集とその周辺 角川書店 1982.12 910.24/TA/3

5 千載集 松野/陽一?著 国文学研究資料館?編 平凡社 1994.6 911.1357/MA
キーワード
(Keywords)
千載和歌集
 崇徳院
 解説
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000229211解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!