このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000229099
提供館
(Library)
近江八幡市立近江八幡図書館 (2300058)管理番号
(Control number)
2017-009
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2018年01月25日 17時10分更新日時
(Last update)
2018年04月10日 18時36分
質問
(Question)
享保14年に中山道(武佐宿)を象が通行し、江戸へ向かった内容が書いてある本を紹介してほしい。
回答
(Answer)
①『享保十四年、象、江戸へゆく』和田実/著(岩田書院)に詳しく記されています。
②『江戸時代の日中秘話』大庭脩/著(東方書店)にも一部記載があります。
③『象の旅』石坂昌三(新潮社)にも記されています。
④吉宗への献上象のことを書いた、当時ベストセラーになった「象志」が『江戸科学古典叢書44』(恒和出版)に収録されています。
回答プロセス
(Answering process)
・『近江八幡の歴史』(近江八幡市)第1巻p122に「象の通行」として、「享保十四年六月、清国の商人によって、八代将軍吉宗への献上品として交趾国(ベトナム)から象二頭がもたらされた。(略)長崎を出て大坂へ着いた象は、二、三日逗留の後大坂を出発して二十九日に大津へ入った。そして草津から中山道を東へ向かい武佐宿で泊まっている。この通行に際して武佐宿問屋では、西生来、西老蘇、東老蘇、石寺、清水鼻の村々の庄屋にあてて、道筋一町に一ヶ所ずつ手桶を設置して水を準備すること・・・(略)指示している」と記述を確認しました。
・「象」「中山道」のキーワードで図書の検索を行いました(①)。
・国立国会図書館レファレンス事例集の中に長崎、静岡を通った際の資料についての事例を確認しました(③、④)。
・①の参考文献の中に②が記されていました。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
近江八幡の歴史1巻、7巻(近江八幡市)
キーワード
(Keywords)
中山道
武佐宿
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
武佐 郷土 地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000229099解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!