このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000228855
提供館
(Library)
相模原市立相模大野図書館 (2210033)管理番号
(Control number)
相大-H29-085
事例作成日
(Creation date)
2017年10月14日登録日時
(Registration date)
2018年01月21日 12時14分更新日時
(Last update)
2018年12月08日 16時50分
質問
(Question)
①京都に道正庵という場所があり「道正」は地名にもなっているらしい。それがわかる資料が見たい。
②相模原市の上鶴間にも、道正山があり、道正山公園・道正橋などがある。
横浜市長津田にも、道正山トンネルがあり、「道正」という地名があったようだが、それがわかる資料が見たい。
③①と②の関連が分かれば知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料を提供した。


『日本歴史地名大系 27』
『京都古地図散歩』


『都築の皇国地誌草稿と字地書上』
『新編武蔵風土記稿 第4巻』
『大和市文化財調査報告書 第90集』

③国立国会図書館デジタルコレクション
『道元言行録』
『誰にもわかる道元禅師御一代記』
回答プロセス
(Answering process)
①直接棚を探す。
『日本歴史地名大系 27』 平凡社 1993 【S06528053 R291】
p573に「道正町」の記載あり。
また「中昔京師絵図」に「道正庵」があるとの記載あり。
『京都古地図散歩』 平凡社 1994 【S11136074 210.3】
p38、p39に記載あり。

②横浜市立図書館のHP  http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/library/ (2018.02.06最終確認)
にある「横浜を知る」の項を見ると、長津田村は『都筑の皇国地誌草稿と字地書上』に記載があることがわかる。
自館OPACで検索すると所蔵があり、確認する。
『都筑の皇国地誌草稿と字地書上』 緑区郷土史研究会/編 緑区郷土史研究会 1982 【S30054944 K2-25】
p48に「道正」記述あり。また付録地図「田奈村、地番反別地目入図」にも「道正」の記載がある。

『相模原市史 第5巻』 相模原市/編 1977 【s15524358 K1-21】を確認すると
p295の「上鶴間村」に「このころにはまだ上下鶴間に分れていなかった」との記載あり。

『新編武蔵風土記稿 第4巻』 蘆田伊人/校訂 雄山閣出版 1970 【s22657829 K0-29】
p313に「鶴間村」に「村の西を境川流れて對岸は相模國高座郡鶴間村なり、去はもと一村にして両国へまたがりしなるべし、東の方は都築郡長津田村に隣り、南は相模國鎌倉郡瀬谷村なり」と記載あり。

『大和市文化財調査報告書 第90集』 大和市教育委員会生涯学習部社会教育課/編 大和市教育委員会 2005 【s33495714 K6-29】
p50「ドーショーヤマ(道正山)」に現在は相模原市の地番となっている、との記載あり。

①『日本歴史地名大系 27』に「道正町」は「町名は、道正という者が道元に従って宋に渡り、漢方を授かって帰朝し、この地に道正庵を設けて薬舗を営んだことによる」
との記載があることから、国立国会図書館デジタルコレクション、キーワード“道元 道正”で検索する。
下記の資料が見つかった。
『資料名』p-(〇コマ-) 
『道元禅師言行録』p33-34(26-27コマ)「第六章 入宋」[一般公開] http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/823393  (2018.03.29最終確認)
に道正は道元とともに宋に渡ったとの記載あり。また、貞應二年二月二十一日に「武藏守判 相模守判」と記載があることから、神奈川県も通った可能性があると推測される。

『誰にもわかる道元禅師御一代記』p37-39(34-35コマ)「道元庵と陶祖」[図書館送信館限定](2018.03.29最終確認)に、道元が京都に道元庵を作ったとの記載がある。
またp150-157(91-94コマ)「鎌倉に於ける教化」に道元が鎌倉に赴いたとの記載がある。
道正についての記載はないが、同行していた可能性もあると推測される。

注:【 】内は自館の資料コードと請求記号
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
地理.地誌.紀行  (290 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本歴史地名大系 27』 平凡社 1993
『京都古地図散歩』 平凡社 1994
『都築の皇国地誌草稿と字地書上』 緑区郷土史研究会/編 緑区郷土史研究会 1982
『新編武蔵風土記稿 第4巻』 蘆田伊人/校訂 雄山閣出版 1970
『大和市文化財調査報告書 第90集』 大和市教育委員会生涯学習部社会教育課/編 大和市教育委員会 2005
キーワード
(Keywords)
道正
京都
長津田
上鶴間
道元
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000228855解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!