このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000228535
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2017-102
事例作成日
(Creation date)
2015年10月12日登録日時
(Registration date)
2018年01月17日 16時29分更新日時
(Last update)
2018年05月16日 16時00分
質問
(Question)
手話の起源について書かれた本が見たい
回答
(Answer)
以下の資料を紹介した。

『手話言語の記述的研究』(米川明彦著 明治書院 1984)
 p6-11 「第ニ章 手話言語の歴史 第一節 日本における歴史」
 p36-44「第四節 世界のおける歴史」

『ド・レペの生涯 世界最初の聾唖学校の創設』(ベザギュ=ドゥリュイ著 赤津政之訳 近代出版 1994)

『世界の手話 世界の手話でつなぐ心と言葉 入門編』(伊藤政雄著 広済堂出版 1988)
 p12-13「指文字の歴史」
 p22「中国の手話」
 p98「台湾の手話」「韓国の手話」
 p184-187「身振りと手話」
回答プロセス
(Answering process)
1 《レファレンス協同データベース》( http://crd.ndl.go.jp/reference/  国会図書館)の類似の質問「手話の歴史が知りたい。日本のではなくて、世界の手話の歴史。」(神奈川県学校図書館員研究会  http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000103182 )で紹介されている資料を確認する。

『世界大百科事典 2005年改訂版 13』(平凡社 2005)
 p286-287「手話」
 「18世紀の中葉、エペー Charles Michel,Abbe de l'Epee(1712-89)によって世界最初の聾学校がパリに創設された。彼は、聾者が使っている身ぶりや手ぶり、いわゆる自然的方法を基礎に体系的手話を創始した。これが手話の始まりで(後略)」

『手話の世界を訪ねよう』(亀井伸孝著 岩波書店 2009)
 p125「カトリックの神父シャルル=ミシェル・ド・レペは、「手話を自分で考案してろう者たちに与えたのではありません。当時のフランスのろう者たちが話していた手話を学び、それを学校教育で使った人です。」

2 《Google books》( http://books.google.co.jp/  Google)を〈手話 & 歴史〉で検索する。

3 自館目録を〈ド・レペ〉で検索する。

ウェブサイトの最終アクセス日は2018年3月26日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
障害児教育[特別支援教育]  (378 9版)
参考資料
(Reference materials)
『手話言語の記述的研究』(米川明彦著 明治書院 1984)
『ド・レペの生涯 世界最初の聾唖学校の創設』(ベザギュ=ドゥリュイ著 赤津政之訳 近代出版 1994), ISBN 4-87402-489-0
『世界の手話 世界の手話でつなぐ心と言葉 入門編』(伊藤政雄著 広済堂出版 1988), ISBN 4-331-00435-X
キーワード
(Keywords)
手話
L'Epée, Charles-Michel de(シャルル=ミシェル・ド・レペ)
指文字
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000228535解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決