このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000227864
提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
北方 17-0036
事例作成日
(Creation date)
2017/06/04登録日時
(Registration date)
2017年12月29日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年01月19日 12時37分
質問
(Question)
エゾウコギとアイヌ民族との関係について
学名はELeutherococcus senticosus Maxim
中国語では「刺五加」
アイヌ語では「ニたッソコニ」
美幌では「悪疫流行の際にこの木で杖をつくって持ち歩いた」との伝承があるそうだ。

『あいぬ医事談』などを見てみたが、エゾウコギとアイヌ民族との関係を示す資料が見つからなかった。
①アイヌ民族がエゾウコギをどのように使っていたか。
②アイヌ民族とエゾウコギの関係を示す伝承や資料などはあるか。
回答
(Answer)
①アイヌ民族のエゾウコギ利用を記録する資料について
以下の文献に記述あり

『知里真志保著作集 別巻1 分類アイヌ語辞典 植物編・動物編』(回答資料1)
(知里真志保∥著 平凡社 1976)
p70「(参考)悪疫流行の際この木で杖を作って持って歩く(美幌)」

②アイヌ民族とエゾウコギの関係を示す伝承や資料について
上記の資料以外、アイヌと「エゾウコギ」の関係が記述されているものは見つからず。

なお、近縁種の「ミヤマウコギ」について記述あり
『コタン生物記Ⅰ 樹木・雑草編』(回答資料2)
(更科源蔵・更科光∥著 法政大学出版局 1976)
 p97~98「身体のふくれる病気というから壊血病かと思われるが、そのときにこの実を食べるとよいといわれ、また下剤にしたという。知里辞典によればエネンケニ(エン・エン・ケ・ニで、とげとげした木)という地方もあり、十勝足寄では阿寒のエゾウコギと同じセタ・シケレペ(イヌのカラフトキハダの実)という名で呼び、果実を煎じて淋病の薬にした」

「北海道博物館」ホームページより、アイヌ関係のレファレンスに対応している。
アイヌ民族文化研究センター>旧北海道立アイヌ民族文化研究センター
http://www.hm.pref.hokkaido.lg.jp/about/ainu-center/ (最終確認日:2017.6.4)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
民俗学.文化人類学  (389 7版)
参考資料
(Reference materials)
1 知里真志保著作集 別巻 1 分類アイヌ語辞典 平凡社 1976 ア.08/C/ベツ1-イ
2 コタン生物記 1 樹木・雑草篇 更科 源蔵∥著 更科 光∥著 法政大学出版局 1977 ア.4/SA/1
3 アイヌと植物 樹木編 アイヌ民族博物館∥編 アイヌ民族博物館 1993.3 ア.4/A
4 アイヌ植物誌 福岡 イト子∥著 草風館 1995.7 ア.4/A
5 アイヌの薬草 津田 晴美∥著 [北海道出版企画センター] 1988.6 ア.49/A
6 アイヌと植物 薬用編 アイヌ民族博物館∥編 アイヌ民族博物館 2004.2 ア.4/A
7 アイヌ民族の有用植物 全道版 北海道立衛生研究所薬理毒性部[ほか]編 北海道立衛生研究所 1996.3 ア.4/A
キーワード
(Keywords)
アイヌ
エゾウコギ
ミヤマウコギ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000227864解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!