このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000227803
提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢吾妻-2017-009
事例作成日
(Creation date)
2016/07/01登録日時
(Registration date)
2017年12月28日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年12月28日 11時57分
質問
(Question)
丁子色(ちょうじいろ)とはどのような色なのか知りたい。
回答
(Answer)
丁子色は、明るく渋い橙のような色で、香木の一種である丁子の蕾などで染めた色のことをいいます。
 (参考:〇『定本和の色事典』  内田広由紀/著  視覚デザイン研究所  2008年)
    
下記の資料にも記載があります。
 〇『和の色手帖』 石田純子/著  グラフィック社  2004年
 〇『色の名前事典』  福田邦夫/著  主婦の友社  2001年
 〇『色の手帖』 永田泰弘/監修  小学館  2002年
 〇『色の名前507』  福田邦夫/著  主婦の友社  2006年
 〇『配色バイブル和テイスト』  早坂優子/著  視覚デザイン研究所  2005年
 〇『日本史色彩事典』 丸山伸彦/編  吉川弘文館  2012年
 〇『草木染染料植物図鑑 [正]』  山崎青樹/著  美術出版社  1985年
 〇『日本色彩文化史』   前田千寸/著  岩波書店  1983年
回答プロセス
(Answering process)
1、所蔵資料の内容確認
 〇『定本和の色事典』 内田広由紀/著  視覚デザイン研究所  2008年
   P92 「丁子色」の項目に、
    「明るく渋い橙。丁子の染汁と鉄、灰汁の媒染を使うと濃いめの丁子色、媒染を使わないと薄い色みとなり、それを香色という。丁子は天然の香木のこと。蕾を乾燥させたものを丁香といい香料や染料として使われてきた。」と記載あり。
    また、丁子色の色見本と乾燥させた丁子の蕾(丁香)の写真あり。
  
 〇『和の色手帖』 石田純子/著  グラフィック社  2004年
  P64 「香色・丁子色」の項目に、
   「香木の一種、丁子で染めた柔らかい黄赤のこと」と記載あり。色見本あり。
   
 〇『色の名前事典』 福田邦夫/著  主婦の友社  2001年
   P122 「ちょうじいろ(丁字色)」の項目に、
    「丁字のつぼみを煎じた汁で糸や布を染めると、香色となるのだが、それに鉄分や灰汁を加えて染める染色を丁字染といい、その色を丁字色といった」と記載あり。
    丁子色の色見本と説明あり。
     
 〇『色の手帖』 永田泰弘/監修  小学館  2002年
   P60 「丁子色・丁字色」の項目に、
    「チョウジ(丁子)の樹皮などの煮汁で染めた色。くすんだ赤みの黄」と記載あり。
    色見本と、丁子色という言葉が出てくる古典の文献例の記載あり。
    
 〇『色の名前507』 福田邦夫/著  主婦の友社  2006年
   P87 「ちょうじいろ(丁字色)」の項目に、
    「丁字のつぼみを煎じた汁で糸や布を染めると、香色となるのだが、それに鉄分や灰汁を加えて染める染色を丁字染といい、その色を丁字色といった」と記載あり。
    丁子色の色見本あり。
  
 〇『配色バイブル和テイスト』 早坂優子/著  視覚デザイン研究所  2005年
   P125 「丁字色」の項目に、
    「香木の丁字の蕾で染めた色。香色(こういろ)ともいう」とある。
    丁子色の色見本あり。
   
 △『色のふしぎ百科』 1  末永蒼生/編著  樹立社  2002年
   P29 「自然の草木で色を染める」にチョウジのつぼみの写真が載っているが、丁子色についての説明と色見本なし。
   
 △『和の色のものがたり』 早坂優子/著  視覚デザイン研究所  2014年
   P23 「平安時代 雅な美意識を成熟させた貴族の時代」に、丁子色の色見本あり。丁子色についての説明はなし。
   
2、本館参考室による追加資料
 〇『日本史色彩事典』 丸山伸彦/編  吉川弘文館  2012年
   P106~107 「丁子色」の項目に、
    「やや黒味のある黄茶色。丁子の花蕾で染めた色をいい、平安時代には出現して装束の色名としても使用されている。」と記載あり。
   巻頭のカラーページに、丁子色の色見本あり。
   
 〇『草木染染料植物図鑑 [正]』  山崎青樹/著  美術出版社  1985年
   P154~155 
    丁子の学名・英名・別名・生薬名と植生の解説、染色や香として用いられることについて記載あり。
    丁子の蕾のカラー写真と、丁子色の色見本あり。
  
 〇『日本色彩文化史』   前田千寸/著  岩波書店  1983年
   P263 「香染」の項目に、
    「『丁子を濃く煎じたる汁にて染めたるものなり。香染ともいふなり。(源氏男女装束抄)』といい、西宮左大臣源高明が創案した色であると伝えられている。薫物(たきもの)の流行した時代の貴族の驕奢心(きょうしゃしん)から、薫物の原料なる香料で衣を染めるという一種の創案で、色相は黄褐色である。」と記載あり。
   P264 「丁子染め」の項目に、色の解説あり。
   P463~464 丁子の植生と染色法など記載あり。
   巻頭の「復元染布」の38に、「香染」の色見本(布)あり。
    
 △『色の百科事典』 日本色彩研究所/編  丸善  2005年
   P488~489 「香色」の項目に、
    「代表的な香草に丁子があり、これで染めた色が香染めの代表的な色とされている。」と記載あり。色見本はなし。
  
 △『きもの用語大辞典』 装道きもの学院/編  主婦と生活社  1979年
   P343 「丁子色」の項目に、
    「鈍い黄赤。丁子は古来、香料としても珍重されてきた。」と記載あり。色見本はなし。
             
3、記載のなかった資料
 ×『色の大研究』 PHP研究所/編 PHP研究所 2007年
 ×『色の教科書』 桜井輝子/監修 学研パブリッシング 2015年
 ×『日本の色を知る』 吉岡幸雄/[著] KADOKAWA 2016年
 ×『世界で一番美しい色彩図鑑』 ジョアン・エクスタット/著 創元社 2015年
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
デザイン.装飾美術  (757 9版)
染織工芸  (753 9版)
参考資料
(Reference materials)
定本和の色事典 内田広由紀/著 視覚デザイン研究所 2008.7 757.3 978-4-88108-203-4
和の色手帖 石田純子/著 グラフィック社 2004.12 757.3 4-7661-1552-X
色の名前事典 福田邦夫/著 主婦の友社 2001.5 757.3 4-07-230958-3
色の手帖 永田泰弘/監修 小学館 2002.5 757.3 4-09-504002-5
色の名前507 福田邦夫/著 主婦の友社 2006.7 757.3 4-07-248540-3
配色バイブル和テイスト 早坂優子/著 視覚デザイン研究所 2005.10 757.3 4-88108-187-X
日本史色彩事典 丸山伸彦/編 吉川弘文館 2012.5 757.3 978-4-642-01467-0
草木染染料植物図鑑 [正] 山崎青樹/著 美術出版社 1985.10 753.8 4-568-30038-X
B10353194 日本色彩文化史 前田千寸/著 岩波書店 1983.10 757.3
キーワード
(Keywords)
丁子色
丁子
カラー
色彩
香色
丁字色
香木
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000227803解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!