このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000227731
提供館
(Library)
沖縄県立図書館 (2110045)管理番号
(Control number)
1000000934
事例作成日
(Creation date)
2017/12/26登録日時
(Registration date)
2017年12月27日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年01月09日 16時20分
質問
(Question)
沖縄・奄美では、「ハブに噛まれる」を、「ハブに打たれる」というと聞いたが、そのような言い方をしているのか。
回答
(Answer)
言語学の資料では、「蛇に打たれる」について確認できなかった。
以下の資料で「蛇/ハブに打たれる」という表現をしている記述がある。


『ハブ捕り物語』(中本 英一∥著、三交社、1985.8)
p26 「島民は、ハブに咬まれることを、うたれるという。ハブの敏捷さをうまく表現した言葉である。」の記述がある。


『ハブの棲む島』(西野/嘉憲∥写真・文、ポプラ社、2005.11)
頁付け無し 「島[奄美]ではハブにかまれることを「打たれる」と表現します。かみついた瞬間、2本の牙を相手の体内に打ちこみ、毒液を注入するのです。」の記述がある。


『完本毒蛇』(小林 照幸∥著、文芸春秋、2000.2)
p64 「奄美ではハブに咬まれることを打たれる、と表現します。これはハブが咬みついて来る時の姿勢が、ちょうど竹べらで叩くような感じからきた表現です。」の記述がある。

④『聞き書き・島の生活誌 ② ソテツは恩人』(盛口 満∥編 安渓 貴子∥編、ボーダーインク、2009.2)
p56「奄美の年寄りたちは、「ハブに打たれる」といいます」の記述がある。

⑤『ハブ捕り』(新里 堅進∥作画、新潮社、1991.4)
p116「老人がハブの毒牙に打たれてしまったのだ」の記述がある。(舞台は沖縄県北部である)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
1 ハブ捕り物語 中本 英一∥著 三交社 1985.8 K48/N36 p26
2 ハブの棲む島 西野/嘉憲∥写真・文 ポプラ社 2005.11 K48/N85 頁付け無し
3 完本毒蛇 小林 照幸∥著 文芸春秋 2000.2 K48/KO12 p64
4 聞き書き・島の生活誌 ② ソテツは恩人 盛口 満∥編 安渓 貴子∥編 ボーダーインク 2009.2 K382/KI22/2 p60
5 ハブ捕り 新里 堅進∥作画 新潮社 1991.4 K72/SH69 p116
キーワード
(Keywords)
ハブ
奄美
沖縄
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000227731解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決