このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000227578
提供館
(Library)
沖縄県立図書館 (2110045)管理番号
(Control number)
1000000930
事例作成日
(Creation date)
2017/12/25登録日時
(Registration date)
2017年12月26日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月06日 16時53分
質問
(Question)
琉球の歌人である恩納ナビーの住居跡とお墓の場所が知りたい。
回答
(Answer)

『恩納村誌』 (仲松 弥秀編、恩納村役場、1980.3)
p406-412 「第九章 歌舞 二、恩納ナビー」に、p407 「彼女の生まれた恩納では、マッコー屋のナビーといわれている。マッコー屋が彼女の生まれた家か、嫁入先の家かは不明であるが、そのマッコー屋は現在の字恩納二四八八、二四八七番地・・・屋敷跡に廃藩置県の頃に村学校(学校地)が設けられ・・・」とある。


『恩納ナビ伝』 (上間 繁市著・刊、1978.8)
p3-4 「マツコウ屋敷跡・・・現在の字恩納二四六八番地の畑・・・」とある。
p4 「・・・墓は、同「ムラ」の俗称デースという名の墓地帯・・・一六六〇年代、中国年号の康熙代の古い墓で、ここでいう模合墓である・・・今は、荒涼したこの墓を管理する人もいなければ、墓参者もいない。」
p9 墓の写真の掲載がある。
p13 ナビ女の屋敷跡、マッコウ屋跡の写真の掲載がある。


『恩納ナビー』 (當山安一著、當山安一、1990.3)
p4 生家跡地図がある。(恩納村役場前)
p28 マッコー屋々敷跡の写真がある。


『写真集道』 ([字恩納自治会]字誌編集委員会企画・編集、字恩納自治会、2003.3)
p40 「恩納ナビ生誕の地」(マッコウ屋)」の写真あり、「恩納売店から恩納集落へ約100メートル入った所左へ下った教会の下」とある。


『恩納字誌』 ([恩納]字誌編集発刊事業スタッフ編、字恩納自治会、2007.3)
p34 「8、恩納ナビ生誕屋敷跡」の項に、「生家は恩納間切同ムラのマッコウ屋(屋号)だと言われている。同屋敷は、国道58号線から西側の集落内、恩納公民館近くにある。字恩納2487、2488番地で現在は畑になっている。・・・現在は、屋敷跡に「恩納ナビ生誕の地」の碑が建っている。」とある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
1 恩納村誌 仲松 弥秀∥編 恩納村役場 1980.3 K21/O66 p407
2 恩納ナビ伝 上間 繁市∥著 上間繁市 1978.8 K91/O66 p3-4、9
3 『恩納ナビー』 當山 安一∥著 當山安一 1990.3 K911/O66 p4、28
4 写真集 道 [字恩納自治会]字誌編集委員会∥企画・編集 字恩納自治会 2003.3 K21/O66 p40
5 恩納字誌 [恩納]字誌編集発刊事業スタッフ∥編集 字恩納自治会 2007.3 K21/O66 p34
キーワード
(Keywords)
琉球
琉歌
歌人
恩納ナビー
恩納ナビ
恩納なべ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000227578解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!