このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000227293
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M17102715187474
事例作成日
(Creation date)
2017/11/07登録日時
(Registration date)
2017年12月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
マヤ文明の世界滅亡について書かれている本を探している
回答
(Answer)
①『マヤの大予言封印を解く』によると,マヤ人は長期暦が一巡すると運命の日がやってくると信じていたとされるとの記述がある。つまり,1日は1キンと呼ばれ,20キン(20日)=1ウィナルで,18ウィナル(360日)=1トゥンとなる。20トゥン(7200日)=1カトゥン,20カトゥン(1万4000日)=1バクトゥンとなる。マヤ人は1バクトゥンの13倍、13バクトゥンを長期暦が1巡する時と信じていたとされる。研究によると,マヤ人は長期暦のはじまりを紀元前313年と定めていたので,この日から計算すると13バクトゥンが経過する日が2012年12月22日となる。こうしたことから,この日が地球最後の日となる。
②『マヤ文明聖なる時間の書』にも,注釈の中で,2012年12月23日に長期計算による現在のマヤの世界の時間(13バクトゥン)が終了する,との記述がある。
③『古代マヤ文明の予言』には,アステカ人は,太陽に生贄を捧げないと死んでしまうという観念があり,過去においてそういうことが実際に四度も起こったと信じていた。そしてその度に何らかの破局によって人類はほとんど死に絶えたという作者不詳の本に記されている。その各時代は「太陽」と呼ばれる。
 第一の太陽 ナウイ・オセロトル   675年間(52?13)
 第二の太陽 ナウイ・エエカトル   364年間(52?7)
 第三の太陽 ナウイ・クイアウイトル 312年間(52?6)
 第四の太陽 ナウイ・アトル     676年間(52?13)
これによると,52という数字が重要な役割を持つ。第二と第三の「太陽」の時代の期間を足し併せると合計は676年間(52?13)となり,第一と第四と等しくなる,との記述がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
超心理学.心霊研究  (147 9版)
参考資料
(Reference materials)
①岡田英夫『マヤの大予言封印を解く』 ベストセラーズ,2011,191p. 参照はp.40-41.p.61-63
②実松克義『マヤ文明聖なる時間の書』 現代書林,2000,390p. 参照はp.240.
③エイドリアン・ギルバート『2012古代マヤ文明の暗号 : 太陽激変による地球の破滅 』 学習研究社,2008,447p. 参照はp.91-94.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2017102715184987474
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000227293解決/未解決
(Resolved / Unresolved)