このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000227270
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M17081515087267
事例作成日
(Creation date)
2017/4/9登録日時
(Registration date)
2017年12月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
ロシアの夏至祭はどのようなものか。
回答
(Answer)
ロシア及びウクライナ、ベラルーシに共通する夏至祭は「Ivan Kupala(イワン・クパーラ、イヴァン・クパーラ、イワン・クパロ、イヴァン・カパラ)」と呼ばれ、洗礼者ヨハネの祝日である旧暦6月23日の夕方から翌日にかけて行われる(『ヨーロッパ古層の異人たち』p.141)。そもそもは「夏を前にしてさまざまな悪霊や魑魅魍魎を祓って心身を清める祭りと、『洗礼者ヨハネ祭』そして『夏至の祭り』とが一つになってできあがった」祭りとされる(『ロシア 読んで旅する世界の歴史と文化』p.361)。

祭儀の基本的要素として『ロシア民俗夜話』p.150-151では次の7点を挙げている。
(1)種々の草を集める。花を摘み、花冠(はなかんむり)を編む。
(2)祭儀用の樹木あるいは藁人形を用意する(ウクライナ)。
(3)祭り(遊び)の場に祭儀用の樹木を立て、その周囲に火を焚く。樹木と焚火の周りで輪舞を踊り、歌をうたい、焚火の上を飛び越える。
(4)祭儀用の樹木あるいは藁人形を水に沈める(地方によっては焼く)。
(5)夜食会をする。
(6)水に花冠を投げ、それで占いをする。
(7)水浴びをする。

なお、現在ではロシアの西武辺境地方か、ウクライナ人やベラルーシ人の移住者の影響が残るシベリア地方でわずかに残されているにすぎないとされる。(『ロシアの祭り』p.18)


ロシアの夏至祭について解説している資料には以下のようなものがある。
----------
(1)『ロシア民俗夜話 忘れられた古き神々を求めて』(387/クリ96/ 資料番号:0003506631)
「イワン・クパーラの前夜」と章立てし、16~17世紀の文献紹介や様々な言い伝えと風習を詳細に解説している(p.139-166)。また、白黒イラストで「水に花冠を投げて占う」様子(p.151)、「イワン・クパーラ前夜に焚火をとび越える」様子(p.157)が掲載されている。

----------
(2)『ロシア 読んで旅する世界の歴史と文化』(293.8/ロシ98/ 資料番号:0003734381)
短いロシアの夏を代表する野外の祭として紹介されている(p.361-362)。また、カラー写真で「水辺で水浴後の冷えた体を温めるために焚いた火を飛び越えたりして、短い夏を惜しむかのように遊び騒ぐ」様子が掲載されている(p.363)。

----------
(3)『ヨーロッパ古層の異人たち 祝祭と信仰』(386.3/ハカ03/ 資料番号:0005065487)
ヨーロッパ、スラヴの夏至祭として、ロシア、ウクライナ、ベラルーシの事例を紹介している(p.141-144)。

----------
(4)『ロシヤの神話 自然に息づく精霊たち』(388.38/サノ09/ 資料番号:0009217662)
「救世主の出現を予言し、イエスに洗礼を施したヨハネの誕生日」として土着の神話と共に紹介している。また、クパーラの別名として「愛の日」、「こざっぱりとした日」、「薬草通」、「雑婚祭」を挙げ、それぞれ解説している(p.663-664)。

----------
(5)『ロシアの祭り 民衆文化と政治権力』(386.38/サカ09/ 資料番号:0009120825)
ロシア時代(19世紀から1917年まで)における春送りの祭りとして「イワン・クパロ(洗礼者イオアン)の日」を紹介している(p.16-18)。

----------
(6)『民俗民芸双書 9 ロシアの祭』(380.8/5/9 資料番号:0001388818)
主にウクライナで行われる「大きなかがり火を焚き、これを跳んで占う祭」として「イワン・クパロ」の儀礼を解説・分析している(p.13,162-172)。

----------
(7)『ヨーロッパの祭りたち』(386.3/ハマ03/ 資料番号:0005086053)
キリスト教以前から伝わる「火と水による浄化の祭り」として「イワン・クパーラの日」を紹介している(p.141-142)。その後、キリスト教は「太陽、すなわちキリストに先行する光、星と形容され、火とも結びつく」洗礼者ヨハネの誕生日として取り入れたとされる。

----------
(8)『世界40カ国の自然観 自然と共に生きる知恵』(382/モリ05/ 資料番号:0006819858)
「パブテスト派(成年になってから自らの信仰告白により全身に水を浸すという先例を行う新教)のジョーン(イヴァン・カパラ)の誕生祭」として紹介されている(p.257-258)。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
年中行事.祭礼  (386 9版)
参考資料
(Reference materials)
栗原成郎『ロシア民俗夜話 忘れられた古き神々を求めて』 丸善,1996,230p. 参照はp.139-166.
『ロシア 読んで旅する世界の歴史と文化』 新潮社,1994,441p. 参照はp.361-363.
芳賀日出男『ヨーロッパ古層の異人たち 祝祭と信仰』 東京書籍,2003,231p. 参照はp.141-144.
佐野洋子『ロシヤの神話』 三弥井書店,2008,10,723,4p. 参照はp.663-664.
阪本秀昭『ロシアの祭り 民衆文化と政治権力』 東洋書店,2009,63p. 参照はp.16-18.
ベ.ヤ.ブロップ 著,大木伸一 訳 『民俗民芸双書 9 ロシアの祭』 岩崎美術社,1973,212,6p. 参照はp.13,162-172.
浜本隆志・ 柏木治 編著 『ヨーロッパの祭りたち』 明石書店,2003,320p. 参照はp.141-142.
森田勇造『世界40カ国の自然観 自然と共に生きる知恵』 青少年交友協会野外文化研究所,2004,327p. 参照はp.257-258.
キーワード
(Keywords)
ロシア
ロシア-風俗
祭り-ロシア
年中行事-ロシア
祭り-ヨーロッパ
年中行事-ヨーロッパ
民間信仰
夏至祭
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2017081515050187267
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000227270解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!