このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000227266
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M17072217287256
事例作成日
(Creation date)
2017/07/22登録日時
(Registration date)
2017年12月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
動物や昆虫などの生き物の目には、世界がどのように見えているのか知りたい。絵や写真のついた子ども向けの本はないか。
回答
(Answer)
①は絵本で、こども、いぬ、きつね、きんぎょ、ねずみ、はち、とり、のみ、へび、スカンク、みみず、こうもりから、ねこがどう見えているかをオールカラーのイラストで描き出し、幼い子にも違いがよくわかる。
②は、どうして同じように見えないのかを「視野」「色と光」「動きをとらえる能力」「視力」の4つのポイントで解説されており、人間、哺乳類(チンパンジー、犬、猫の昼と夜、リス、ネズミ、コウモリ、牛、馬)、鳥(ワシ、フクロウ、ハト、ハチドリ、ヤマシギ)、爬虫類(ヘビ、カメレオン)、両生類(カエル)、環形動物(ミミズ)、腹足動類(カタツムリ)、昆虫(ミツバチ、ハエ)の見え方が、大判のオールカラーイラストで、目の部分をめくるしかけで紹介されている。
③は、魚の目のしくみと魚眼レンズで撮影した写真、昆虫の複眼の構造、モンシロチョウは紫外線が見えること、渡り鳥は偏光を利用していること、ヘビはネズミを熱で感知していることなどを写真を交えて説明している。
④は、紫外線が見える昆虫からの見え方を再現するために、花や、生き物の体の模様を紫外線がうつる写真で写したり、商店街のネオンサインや、信号機などは、紫外線ではまっくろになるため、虫が集まらないことなどが紹介されている。巻末にも色の見え方について詳しい解説がある。
⑤は動物たちの視覚についておはなし仕立ての文章で説明がある。

ほかレファレンス協同データベースの岡山県立図書館の事例も参照した。
人間とモンシロチョウでは、色の見え方は違うのか?
http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000086887
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
一般動物学  (481 9版)
参考資料
(Reference materials)
①ブレンダン・ウェンツェル『ねこってこんなふう?』 講談社,2016,35p.
②ギヨーム・デュプラ『動物の見ている世界』 創元社,2014,1冊
③ガリレオ工房『動物の目、人間の目 (びっくり、ふしぎ写真で科学③)』 大月書店,2003,35p.
④なかやまれいこ『はなといきもの』 少年写真新聞社,2015,47p. 参照はp.28-43.
⑤シベール・ヤング『女王さまの影』 BL出版,2015,1冊
キーワード
(Keywords)
動物生理学
視覚
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2017072217232387256
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
小学生(高学年), 小学生(低学年以下)
登録番号
(Registration number)
1000227266解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!