このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000227262
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M17072012087251
事例作成日
(Creation date)
2017/06/15登録日時
(Registration date)
2017年12月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
平賀元義の和歌「上山は山風寒しちちのみの父の命の足ひゆらんか」に出てくる「上山」はどこにあり、いつ頃詠まれたのか。
回答
(Answer)
・『物語る「棚田のむら」』(資料①)の「平賀元義と上山神社」では、元義と美作市「上山」村の関係にふれ、元義が「一九世紀の半ばに上山を訪れて庄屋高原四郎兵衛の宅へ泊まり、歌を詠んでいる」として該当歌が引用されている。

・『平賀元義 歌と書』(資料②)には、該当歌の書かれた短冊が掲載され、そこに「文政十年十月十九日父のうせられぬるを同二十二日の夜上山といふ所に葬ける後に父の常に足ひゆといハせしを思ひいてゝ」という詞書が見える。

・『岡山の文学碑』(資料③)では、布勢神社(岡山市東区大多羅町)の境内にある該当歌碑を挙げ、「父を葬った上山(岡山市巌井山、万成山あたり)」と解説する。

・『平賀元義』(資料④)では、文政10年(1827)に元義の父「新兵衛長春」が亡くなり、「平尾家累代の墓地上の山(岡山市の西郊十数町なる伊島村大字上伊福なる津倉の上の山也。又、妙林寺山・茶臼山・西山等の称あり。)に至り埋葬」と解説する。

・『吉備路をめぐる文学のふるさと』(資料⑤)では、「父を葬った『上山』は岡山市北区三門東町にある妙林寺の裏山にある墓地」と説明する。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
・『上山風土記』(矢乃原館文庫)では、「平賀元義と上山」として上山の地を訪れた元義が「わぎもこぐ 別れてくれば眉引きの 横山の上に 月ぞ残れる」と詠んだ一首のみ紹介されていた。
NDC
詩歌  (911 9版)
参考資料
(Reference materials)
①久保昭男『物語る「棚田のむら」』 農村漁村文化協会,2015,260p. 参照はp.221-223.
②平賀元義歌と書刊行会『平賀元義歌と書』 集英社,1980,282p. 参照はp.〔28〕.
③山本遺太郎『岡山の文学碑』岡山 日本文教出版,1965,215p. 参照はp.100-105.
④羽生永明『平賀元義』岡山 山陽新聞社,1986,965p. 参照はp.359-361.
⑤『吉備路をめぐる文学のふるさと』岡山 吉備路文学館,2010,206p. 参照はp.48.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2017072012023787251
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢, 高校生, 中学生
登録番号
(Registration number)
1000227262解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!