このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000227245
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M17060819087218
事例作成日
(Creation date)
2017/06/08登録日時
(Registration date)
2017年12月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
炎の色について、いろいろな炎が写真で紹介された児童書はないか。
回答
(Answer)
①には、燃えるものの種類や空気の量などで、炎の色がちがうことが紹介されていている。いろいろな物質をガスバーナーの炎にふれさせて実験した写真が掲載されており、ストロンチウム、ホウ酸、塩化カルシウム、塩化リチウム、よう化カリウム、塩化コバルトの6種類が紹介されている。
②は、炎の写真が多く掲載されており、「いろいろな色の炎」という項目で、ライターで広告の紙を燃やし、使われているインクの色によって炎の色が変わる様子や、銅の粉をメチルアルコールにふりかけて色が変わる様子の写真が紹介されている。
③には、ものに熱を加えると温度が高くなり光を出すようになる。「光の色は温度で決まる」としてものの温度が高くなるほど、出る光は、赤色からオレンジ色、もっと高くなると白、青色に近づいていく「色温度」が図入りで紹介されている。ここで、ロウソクの炎の光と色温度の関係について、ロウに含まれるススが1000度以上になるため、オレンジ色から黄色に光ることが説明されている。
④には、宇宙ステーションでのろうそくの炎の写真が紹介されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
研究法.指導法.科学教育  (407 9版)
参考資料
(Reference materials)
①『教科に役立つ実験・観察・ものづくり 3 燃え方と空気のなぞ』 岩崎書店,2002,40p. 参照はp.36-39.
②『ガリレオ工房の炎のひみつ』 さ・え・ら書房,2013,63p. 参照はp.27.
③『熱と温度のひみつ』 PHP研究所,2014,63p. 参照はp.28-29.
④『理科の実験・観察 物質とエネルギー編』 ポプラ社,2014,215p. 参照はp.132.
キーワード
(Keywords)
燃焼
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2017060819084887218
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
小学生(高学年)
登録番号
(Registration number)
1000227245解決/未解決
(Resolved / Unresolved)