このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000227234
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M17042215487202
事例作成日
(Creation date)
2017/04/26登録日時
(Registration date)
2017年12月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年12月05日 00時30分
質問
(Question)
『角川日本地名大辞典 33 岡山県』に典拠として頻出する「備中至宝記」を見たい。
回答
(Answer)
資料①『角川日本地名大辞典 33 岡山県』の凡例では、正徳4年の「備中至宝記」を使用したことは出ているが、詳しい説明や巻末の「岡山県参考図書目録」には記載なし。

資料②『岡山の古文献』に記載なし。

「日本古典籍総合目録データベース」( http://base1.nijl.ac.jp/~tkoten/ )、「国立国会図書館サーチ」( http://iss.ndl.go.jp/ )、「岡山県図書館横断検索システム」( http://oudan.libnet.pref.okayama.jp/gf/cgi/start-jp )でもヒットしない。

資料③『復刻 備中村鑑』の解説に「備中一国重宝記(別名備中至宝記)」の記述、資料④『史談いばら 第7号』にも「備中重宝記」の別名として「備中至宝記」、「備中一国重宝記」の紹介がある。

資料⑤『重宝記資料集成 第32巻』には、「備中一国重宝記」の影印復刻がある。

資料⑥『新修倉敷市史 9巻』には、「備中一国重宝記」の全文翻刻、資料⑦『笠岡市史 史料編上巻』には、「備中一ヶ国重宝記」(抄)として後月・小田・浅口3郡のみを翻刻している。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
中国地方  (217 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料① 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 33 岡山』 角川書店,1989,1814p.参照はp.9.
資料② 中野美智子『岡山の古文献』岡山 日本文教出版,1988,173p.
資料③ 渡辺正利『復刻 備中村鑑』福山 内外印刷出版部,1983,1冊.参照はp.2.
資料④ 岸加四郎「備中重宝記」『史談いばら』第7号,井原史談会,1979,参照はp.51-56.
資料⑤ 『重宝記資料集成 第32巻』 臨川書店,2007,530p.参照はp.443-467.
資料⑥ 倉敷市史研究会『新修倉敷市史 9巻』倉敷 倉敷市,1994,1334p.参照はp.711-734.
資料⑦ 笠岡市史編さん室『笠岡市史 史料編 上巻』笠岡 笠岡市,1999,627p.参照はp.125-142.
キーワード
(Keywords)
備中一ヶ国重宝記
備中一国重宝記
備中重宝記
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2017042215471687202
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000227234解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!