このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000227221
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M17022312483805
事例作成日
(Creation date)
2017/03/07登録日時
(Registration date)
2017年12月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
綿菓子は、どうして糸状でふわふわしているのか。
回答
(Answer)
①には、砂糖は、熱すると溶けてどろどろした液体になるが、短い時間で冷やすとふわふわした状態で固まる。このことを「アモルファス」という。この原理を使い、ものすごい速さで回っている穴から噴き出させると、冷えて細い糸のようになって固まる。モーターの回転が速いほどきれいなわたあめができると書かれている。わたあめの機械の作り方もカラフルなイラストで紹介されている。

②には、外で作るわたがしとして、『ワイルドわたがし』と題名がつけられている。わたがしの作り方が漫画で紹介されている。わたがしの機械の説明がされており、出店などで見られる機械には、小さい穴のあいた筒があり、それが高速で回転することで溶けた砂糖が遠心力によって穴から糸状になって飛び出してくると、すぐに固まるしくみになっていると説明されている。

③では、作り方がイラストで紹介されている。ザラメを穴の開いた機械に入れると、糸状になって出てくる。これをわりばしなどにからめとると完成する。ふわふわになる理由として、からめとられた砂糖の糸の隙間にはたくさんの空気が入っているからと説明されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
研究法.指導法.科学教育  (407 9版)
参考資料
(Reference materials)
①左巻健男『わたあめ★水ロケットと13の実験』 汐文社,1997,41p. 参照はp.6-12.
②米村でんじろう『米村でんじろうのDVDでわかるミラクル実験!!』 講談社,2014,110p. 参照はp.54-55.
③日本科学未来館『なぜ?どうして?科学のふしぎな話』 ナツメ社,2014,255p. 参照はp.242-243.
キーワード
(Keywords)
わたがし
わたあめ
砂糖
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2017022312460883805
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢, 高校生, 中学生, 小学生(高学年)
登録番号
(Registration number)
1000227221解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!