このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000227163
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000037545
事例作成日
(Creation date)
2017/11/29登録日時
(Registration date)
2017年12月23日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年01月15日 11時21分
質問
(Question)
鯨の皮や油の硬い部分を料理に使いたいと思うが、おでんのコロはどのように加工されているのか知りたい。
回答
(Answer)
『食材クッキング事典』、『理論と実際の調理学辞典』、『鯨と日本人』
回答プロセス
(Answering process)
『食材クッキング事典』p84
ころ・・・本皮を鯨油で揚げて乾燥させたもの。煮るともちのようにやわらかくなるので、もち鯨ともいい、一般にはいり皮ともいう。おでん、みそ汁、煮込みなどに使う。

『理論と実際の調理学辞典』p114
煎り皮・・・コロとも呼ばれる。脂肪のついた皮を煮て油をとり、あとに残ったのが煎り皮である。おでんだねにしたり、土手鍋の具にしたりする。

『鯨と日本人』p69
コロについて記載あり。
鯨油を採るために皮を煎ったときの副産物。
コロの横綱は、ナガスかシロナガスの舌からできるサエコロだった。


『日本の食生活全集 27 聞き書 大阪の食事』
『大阪食文化大全』
には、記述が見当たらなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
『徳家秘伝鯨料理の本』は見た。
NDC
漁労.漁業各論  (664)
参考資料
(Reference materials)
『食材クッキング事典』 学研
『理論と実際の調理学辞典』 吉松 藤子/[ほか]編集 朝倉書店
『鯨と日本人』 柴 達彦/著 洋泉社
キーワード
(Keywords)
鯨(クジラ)
料理(リョウリ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000227163解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!