このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000226581
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2017-0001
事例作成日
(Creation date)
2017/11/01登録日時
(Registration date)
2017年12月16日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年12月16日 00時30分
質問
(Question)
佐々木街道についてわかる資料を教えてほしい。
回答
(Answer)
『守山市誌 [第3巻] 地理編』の「昔の街道」の章に、「佐々木街道は、六角佐々木氏が湖南地域を支配する軍事道路でありました。野洲の小南から乙窪、新庄を経て笠原、荒見、赤野井に通じ、さらに草津の木川の方まで直線的にのびていました。」とあります。
 『小南愛郷史』の「七.道路交通通信」に「佐々木街道」の章があり、「(前略)一四世紀中ごろ北の京極佐々木氏と南の六角佐々木氏に近江が二分された。湖南制圧の六角佐々木氏は、安土の観音寺城を本拠に統治をしたために、永原、赤野井方面への往来もはげしく、そのために街道が整備された。佐々木街道として今日その名を止めていることはその当時整備され人馬のはげしかった主要道路であったと推測される。この道は小南で朝鮮人海道と分かれ、比留田・乙窪・野洲川北流を渡り、新庄を経て、笠原・荒見・布施野を過ぎて赤野井道に達する。(後略)」とあります。
 また、当館の「新聞記事見出し検索」で「佐々木街道」を検索すると、平成18年5月25日の「京への近道 六角氏利用 【佐々木街道】(守山市)「みち」の風景11」が検出されます。記事は、湖南総局の中村幸恵氏の署名入りコラム記事で、佐々木街道の現地レポートと若干の歴史的考察が記述されています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
交通史.事情  (682 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 守山市史 上巻 守山市史編纂委員会∥編 守山市 1974年 S-2124-1 p.480

2 守山市広報 平成23年10月15日 守山市

3 小南愛郷史 小南愛郷史編纂委員会∥編集 小南自治会 1995年 S-2126- 95 p.344

4 守山市誌 [第3巻] 地理編 守山市誌編さん委員会∥編集 守山市 2001年 S-2124-3 p.474

5 「みち」の風景 11 佐々木街道 京への近道六角氏利用 京都新聞平成18年(2006)5月25日 p.25

6 近江六角氏 新谷和之∥編著 戎光祥出版 2015.1 S-2800- 15

7 戦国期六角氏の地域支配構造 新谷和之∥[著] 大阪市立大学日本史学会 2010年5月 S-2440- 10

8 六角氏領国支配機構の変遷について 細溝典彦∥著 中世史研究会 1980年 5-2440- 80

9 民俗文化 282号('87)-602号('13),604号('14)+ 滋賀民俗学会 S38

10 近江文化 1号('80)-24号('81) 近江歴史民俗博物館建設後援会

11 近江の地名 1号('86)-7号('91.10) 大津 滋賀県地方史研究家連絡会地名部会 S29

12 湖国と文化 1号('77)- 滋賀県文化体育振興事業団 S29
キーワード
(Keywords)
佐々木街道
佐々木六角氏
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000226581解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!