このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000226506
提供館
(Library)
福岡市総合図書館 (2210003)管理番号
(Control number)
2017.12-33
事例作成日
(Creation date)
2017年09月06日登録日時
(Registration date)
2017年12月15日 15時40分更新日時
(Last update)
2017年12月24日 12時06分
質問
(Question)
嫌気性微生物農法についての資料を見たい。難しい研究書ではなくわかりやすい本がよい。
回答
(Answer)
嫌気性微生物農法だけを詳しく扱った資料は、
『未熟有機物を生かす嫌気性微生物農法』がある。

以下の資料にも、参考になりそうな部分がある。
『有機・無農薬ぐうたら農法病虫害がなくなる土の育て方』p.82-83
「ボカシ肥料をつくる」の章が、「密閉状態で嫌気的に発酵させる方法」となっている。
『ボカシ肥のつくり方使い方』p.61、126-130
好気性菌・嫌気性菌それぞれの微生物資材の説明がある。「嫌気性微生物利用のボカシ肥」を活用した事例も掲載されている。
『肥料と土つくりの絵本 4 (発酵肥料を生かそう)』p.4、33
好気性菌・嫌気性菌についての説明、ボカシ肥の作り方などが載っている。巻末には詳しい解説もある。
回答プロセス
(Answering process)
“嫌気”ד微生物”等で検索して見つかる資料では、『未熟有機物を生かす嫌気性微生物農法』のみ。これは質問者がすでにお持ちだった。
国立国会図書館サーチなどで見ても、嫌気性微生物農法だけを詳しく扱った本は他になさそう。
Google ブックスの検索で、『有機・無農薬ぐうたら農法病虫害がなくなる土の育て方』が見つかる。
以上の2冊によると、微生物を利用して発酵させた「ボカシ肥料」というのを使うようなので、それをキーワードにして検索しなおすと、
『ボカシ肥のつくり方使い方』『肥料と土つくりの絵本 4 (発酵肥料を生かそう)』の2冊がわかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
農業基礎学  (613)
作物栽培.作物学  (615)
参考資料
(Reference materials)
嫌気性微生物研究会/編 , 嫌気性微生物研究会. 未熟有機物を生かす嫌気性微生物農法 : カルス・サルパー・バイオサット. 農山漁村文化協会, 1987. (民間農法シリーズ)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000046848-00 , ISBN 4540860895
西村和雄 監修. 有機・無農薬ぐうたら農法病虫害がなくなる土の育て方 : おいしくて、安心な野菜が自然に育つ!. 学研パブリッシング, 2015. (GAKKEN MOOK. 楽しい!家庭菜園)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I026708164-00 , ISBN 9784056109153
農山漁村文化協会編集部 編 , 農山漁村文化協会. ボカシ肥のつくり方使い方. 農山漁村文化協会, 1989.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001970330-00 , ISBN 4540881175
藤原俊六郎 監修 , 農文協 編 , 高岡洋介 絵 , 藤原, 俊六郎, 1947- , 高岡, 洋介 , 農山漁村文化協会. 肥料と土つくりの絵本 4 (発酵肥料を生かそう). 農山漁村文化協会, 2013. (そだててあそぼう ; 104)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024367169-00 , ISBN 9784540122446
キーワード
(Keywords)
嫌気性微生物農法
肥料
ボカシ肥
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000226506解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!