このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000226473
提供館
(Library)
大阪府立中之島図書館 (2120002)管理番号
(Control number)
6001027039
事例作成日
(Creation date)
2017/10/23登録日時
(Registration date)
2017年12月15日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年12月15日 00時30分
質問
(Question)
商標登録の拒絶文字について知りたい。
回答
(Answer)
<1>
「拒絶文字」をキーワードとして当館の蔵書検索を行ったところ、該当なし。

<2>
国立国会図書館の蔵書検索を行ったところ、以下の資料がヒットする。

●『拒絶文字商標検索システム 食品部門 第1巻-第11巻』(日本食品・バイオ知的財産権センター 2016.12)(CD-ROM)
●『文字商拒絶文字商標集』 日本弁理士協同組合 編(日本弁理士協同組合 2007-)(CD-ROM)
●『拒絶文字商標集. 第4類昭和 58年度版』 日本化粧品工業連合会拒絶文字商標集第4類編集委員会 編(日本化粧品工業連合会拒絶文字商標集編集委員会 1983.7)
●『拒絶文字商標集. 第4類』 日本化粧品工業連合会拒絶文字商標集第4類編集委員会 編(日本化粧品工業連合会拒絶文字商標集編集委員会 1978.7)
●『拒絶文字商標集. 食品部門』 食品特許協会拒絶文字商標集編集委員会 編(食品特許協会 1976)

<3>
当館で所蔵する商標関係の以下の図書を確認したところ、「拒絶査定」「拒絶理由」「標準文字※」などの用語は掲載されているが、「拒絶文字」については見当たらず。

●『商標実務入門 : ブランド戦略から権利行使まで 第2版』 片山/英二‖監修 (民事法研究会 2016.11)
●『会社の商標実務入門』 正林/真之‖監修 (中央経済社 2014.10)
●『新・商標教室』 小谷/武∥著 (弁護士会館ブックセンター出版部LABO 2013.6)
●『商標の実務』 眞島/宏明∥著 (レクシスネクシス・ジャパン 2009.1)
●『会社の商標実務マニュアル : 登録からブランド防衛まで 第2版』 正林/真之∥監修 (中央経済社 2008.11)
●『商標実務の基礎知識 : 商標事件最高裁判決を全掲載 改訂2版』 特許庁商標審査実務研究会∥編著 (経済産業調査会 2007.6)
●『すぐに役立つ商標・意匠のしくみと手続き』 渡辺/弘司∥監修 (三修社 2007.2)

※なお、「標準文字」については、上記の『会社の商標実務マニュアル : 登録からブランド防衛まで 第2版』のp.24-25「標準文字による出願」によると、「標準文字とは、文字のみ(特許庁長官が指定する文字)の商標について、商標見本を作成することなく、願書に直接商標を記載して出願できる制度です(商標法5条3項)。ロゴタイプをわざわざ作る必要がなく、簡便に出願することができるため<中略>ネーミングに特徴がある場合には標準文字による出願は有効なものとなります。」とあるとおり、標準文字による出願以外に、ロゴタイプを作って出願する方法もあるわけであるから、標準文字に指定されたもの以外が拒絶文字ということではないと思われる。

<4>
特許庁の「商標」に関するwebサイト
https://www.jpo.go.jp/seido/shohyo/
https://www.jpo.go.jp/seido/houritu_jouyaku/guideline/shohyo/index.html
(2017/10/23現在)
にも「拒絶文字」についての記載は見当たらず。

<5>
<2>に記載した資料を見る以外に、拒絶文字にはどのようなものがあるかを知る手段がないかを特許庁のwebサイトの問い合わせフォームから問い合わせたところ、商標審査基準室より「『拒絶文字』という言葉は商標法にはありませんので、『拒絶査定になった文字商標』のことかと思われます。」との回答あり。

「『出願しても登録にならない商標』という記事を設けて、商標登録を受けることができない例を記載している」として、
http://www.jpo.go.jp/tetuzuki/t_gaiyou/mitoroku.htm
(2017/10/23現在)
の紹介もあり。

要するに、「拒絶文字」ではなく「拒絶 文字商標」であり、<2>に記載した『拒絶文字商標集』も、「拒絶文字 商標集」ではなく「拒絶 文字商標集」であるということが判った。

ちなみに、『拒絶文字商標検索システム 食品部門』の発行元である日本食品・バイオ知的財産権センターのwebサイト
http://www.jafbic.jp/
(2017/10/23現在)
に「拒絶文字商標集第11巻を発行いたしました。」と記載されており、
リンク先の「拒絶文字商標集(食品部門)の発行について(ご案内)」 
http://www.jafbic.jp/pdf/kyozetsumoji11.pdf
(2017/10/23現在)
にも、「拒絶査定がなされた文字商標(7,141 件)を収録した」とあり。


[事例作成日:2017年10月23日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
商標実務入門 第2版 片山/英二‖監修 民事法研究会 2016.11
会社の商標実務入門 正林/真之‖監修 中央経済社 2014.10
新・商標教室 小谷/武∥著 弁護士会館ブックセンター出版部LABO 2013.6
商標の実務 眞島/宏明∥著 レクシスネクシス・ジャパン 2009.1
会社の商標実務マニュアル 第2版 正林/真之∥監修 中央経済社 2008.11 (p.24-25)
商標実務の基礎知識 改訂2版 特許庁商標審査実務研究会∥編著 経済産業調査会 2007.6
すぐに役立つ商標・意匠のしくみと手続き 渡辺/弘司∥監修 三修社 2007.2
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
特許庁(東京都千代田区霞が関3-4-3) TEL:03-3581-1101
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
ビジネス
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000226473解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!