このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000226458
提供館
(Library)
日本貿易振興機構アジア経済研究所図書館 (4110002)管理番号
(Control number)
REF-2017-00234
事例作成日
(Creation date)
2017/10/23登録日時
(Registration date)
2017年12月15日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年12月15日 00時30分
質問
(Question)
タイにおける立憲革命 (1932年) から2016年までの政変について以下の一覧
1. クーデター発生の年月日 (成功と失敗未遂を含む)
2. 大規模な反政府デモ発生の年月日
3. 政権交代の年月日と新首相名及び成立政権は軍事政権か民主政権かの区別
4. 憲法改正の年月日と改正の大要
回答
(Answer)
タイの立憲革命以降の政変に関するこれまでの流れについて、下の資料がご参考になるかと思います。

① 綾部真雄編著 『タイを知るための72章』 2014年、明石書店 (請求記号:AHTH/308/T6)

② 石井米雄, 桜井由躬雄編 『東南アジア史〈1〉大陸部 新版 世界各国史』 1999年、山川出版社 (請求記号:AH/95/T3/1)
※ 巻末に東南アジア諸国の年表がございます

③ 加藤和英著 『タイ現代政治史 : 国王を元首とする民主主義』 1995年、弘文堂 (請求記号:AHTH/32/T6)

④ 玉田芳史著 『民主化の虚像と実像 : タイ現代政治変動のメカニズム』 2003年、京都大学学術出版会 (請求記号:AHTH/321.7/M1)

① では 「度重なる憲法改正」、「変わりゆくクーデタ」 として当該事項についてそれぞれ章が設けられておりますので、手軽に概要を把握するのに便利かと思います。

また、②~④以降の比較的近年の出来事につきましては、アジア経済研究所が毎年発行する 『アジア動向年報』 (請求記号:AA/3/Aj1)の 「タイ」 の章で詳細に分析されております。各年の重要な出来事についても、日誌形式で記載されております。
当研究所の機関リポジトリARRIDEの「定期刊行物」から『アジア動向年報』を選択します。
https://ir.ide.go.jp/?page_id=30

上記③④の資料においても憲法改正についてその大要とともに詳細が記述されておりますが、このほか当館の OPAC から雑誌記事索引でキーワードに 「タイ」、「憲法」 を入れて検索しますと、いくつか記事がヒットいたします。詳しくお調べになりたい場合には雑誌記事にあたるのもひとつの方法かと存じます。
OPACトップから「詳細検索」を選択してください。
http://opac.jetro.go.jp/
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
・ 綾部真雄編著 『タイを知るための72章』 2014年、明石書店 (請求記号:AHTH/308/T6)
・ 石井米雄, 桜井由躬雄編 『東南アジア史〈1〉大陸部 新版 世界各国史』 1999年、山川出版社 (請求記号:AH/95/T3/1)
・ 加藤和英著 『タイ現代政治史 : 国王を元首とする民主主義』 1995年、弘文堂 (請求記号:AHTH/32/T6)
・ 玉田芳史著 『民主化の虚像と実像 : タイ現代政治変動のメカニズム』 2003年、京都大学学術出版会 (請求記号:AHTH/321.7/M1)
・ 『アジア動向年報』 アジア経済研究所 (請求記号:AA/3/Aj1)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000226458解決/未解決
(Resolved / Unresolved)