このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000226065
提供館
(Library)
東京大学附属図書館 (3100002)管理番号
(Control number)
ASK0000031907
事例作成日
(Creation date)
2016年10月21日登録日時
(Registration date)
2017年12月08日 13時54分更新日時
(Last update)
2018年03月20日 11時50分
質問
(Question)
終戦直後(1945年から1950年)の東京大学の学費は幾らだったのでしょうか。
回答
(Answer)
大学の授業料は「学部通則」に定められており、各年度の「大学一覧」・「学部要覧」に掲載されるものですが、この時期にはどちらも刊行されていません。

『帝国大学新聞』第17巻(総合図・参考室 377.05:Te25:17)昭和22年3月12日1面「授業料600円へ」という記事に「昨年4月に180円から360円にはね上がった授業料が」とありました。
以後、昭和24(1949)年4月13日付文部次官通牒を受けて3,600円となる(『東京大学百年史』資料編1「学部通則」昭和24年4月26日改正)まで毎年値上げが続いたようです。

学費には教科書代なども入りますが、学生生活全般を調査した『東京大学学生生活実態調査報告』(総合図・書庫 ZK:364)は1950年から発行されています。こちらには学部別の勉学費の分布が掲載されています。

以上の資料は総合図書館で閲覧可能です。当館ホームページで利用条件・休館日等をご確認の上、ご来館ください。
https://www.lib.u-tokyo.ac.jp/ja/library/general
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
大学.高等.専門教育.学術行政  (377 8版)
参考資料
(Reference materials)
不二出版株式会社. 帝國大學新聞 復刻版. 不二出版, 1984.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000058892-00
東京大学百年史編集委員会 編. 東京大学百年史 資料 1. 東京大学出版会, 1984.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001678559-00 , ISBN 4130010549
東京大学厚生部. 東京大学学生生活実態調査報告. 東京大学厚生部, 1950-.
キーワード
(Keywords)
授業料
学費
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
本学関連
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000226065解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決