このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000225962
提供館
(Library)
いわき市立いわき総合図書館 (2310140)管理番号
(Control number)
いわき総合-地域525
事例作成日
(Creation date)
2017年09月28日登録日時
(Registration date)
2017年12月06日 17時57分更新日時
(Last update)
2018年04月09日 13時11分
質問
(Question)
泉藩主・本多忠籌が老中になった際、登城の行列で掲げる槍の先に「赤玉」という飾りを付けることを許されたと聞いたが、それについて書かれた文献はありますか。
回答
(Answer)
赤玉について書かれた資料は、2点ありました。

・『新編 江戸時代 磐城近隣諸藩の動向 上』(p.23に、泉城趾に建つ「赤玉本多」の記念碑(平成17年6月11日建立)の碑文が掲載)
→「奥州泉藩主、本多2代目本多忠籌侯は寛政二年(1790)四月、老中に就任。持槍二本を許され、登城の際は行列の先頭に立て、持槍二本のうち一本の素槍には太陽をあらわす「朱天目」。俗に言う「赤玉本多」を槍の穂先に飾り、威風堂々と登城し、その赤玉は昇る朝日に映えて、美しく見事であったと語り伝えられています。また、諸大名は「赤玉」を遠くに見たとき、忠籌侯に敬意を表して行列を道脇に寄せ、譲ったとも言われています。」

・『新編 泉風土記百選』カバー見返し部分
→上記資料と同様の赤玉の来歴と合わせて、形状についての具体的な数字(「玉は紅色漆塗、圓りは45糎(センチ)、編球状、柄の長さ14糎、径8糎位」)が記載されています。
ただ、これら資料にある赤玉の来歴について、出典が確認できませんでした。

また、『藩史大事典 第1巻』p.224によると、本多家が槍の先に球状の飾りを付けていたことがわかりますが、それを赤玉というのかは確認できませんでした。
回答プロセス
(Answering process)
上記回答のとおり。
『いわき市史』、『新訂増補 国史大系 続 徳川実紀 第一篇』、『新訂 寛政重修諸家譜 第11』、『本多忠籌侯伝』(黒田源六 著)、『郷土研究岩磐史談 第1巻』、『郷土研究岩磐史談 第2巻』、『玉露の歴史』(水沢松次 著)、『奥州泉藩主 本多家十二代 家譜御履歴』(水沢松次 編)、『泉の風土と歴史』(岡部泰寿 著)に赤玉に関する記述はありませんでした。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
東北地方  (212 9版)
参考資料
(Reference materials)
『新編 江戸時代 磐城近隣諸藩の動向 上』[K/210.5-1/イ-1・1111326540]
『新編 泉風土記百選』[K/291/ミ・1110037510]
『藩史大事典 第1巻』[K-210.5-0-ハ-1・1114545468]
キーワード
(Keywords)
赤玉
赤玉本多
泉藩
本多忠籌
赤玉やっこ
朱天目
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000225962解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!