このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000225868
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20171204-1
事例作成日
(Creation date)
2017年12月04日登録日時
(Registration date)
2017年12月04日 17時39分更新日時
(Last update)
2017年12月22日 09時28分
質問
(Question)
ピアス(耳飾り)の歴史について書かれた資料はありますか。
回答
(Answer)
「ピアス(耳飾り)」とは、耳たぶにつける装身具をいう。もともと耳たぶに穴をあけて飾り輪を通したことから、イヤリング、つまり耳輪の名が生まれた。今日ではネックレスや指輪に次ぐ日常的な装身具として、おもに女性の間で広く愛好されている。耳飾りをつけるには、普通、ピアス式(耳たぶに穴をあけ、穴に通してつける)、クリップ式(クリップで耳たぶを挟む)、ねじ留め式(裏側につけたねじで留める)の三つの方法がある。

コトバンク (日本大百科全書)
https://kotobank.jp/word/%E8%80%B3%E9%A3%BE%E3%82%8A-639668#E6.97.A5.E6.9C.AC.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E5.85.A8.E6.9B.B8.28.E3.83.8B.E3.83.83.E3.83.9D.E3.83.8B.E3.82.AB.29 (2017.12.4確認)

以下の資料がみつかった。

【データベース】
「装身具」で検索した。

<歴史>
装身具の多くは衣服に先行するものとされ、原始宗教や呪術(じゅじゅつ)に始まって、しだいに身体装飾として発展したものと考えられる。今日的な装身具の基本の型は、すでにほとんどが先史時代に確立していた。(日本大百科全書)

<民族学からみた装身具>
装身具の大半は、護身用呪具(じゅぐ)として衣服に先行して生まれた。すなわち、古代あるいは原始的社会では、病気、けが、死などの災禍は、悪霊が人体に侵入しておこすものと考え、その防止のため、侵入口とみなされる人体の穴の部分や通路に、侵入阻止の呪具をつけた。耳飾り、鼻飾り、首飾りがそれである。これは、今日的にいえば予防にあたる。(日本大百科全書)

JapanKnowledge Lib(商用データベース)
http://japanknowledge.com/lib/display/?kw=%E8%80%B3%E9%A3%BE%E3%82%8A%E3%80%80%E6%AD%B4%E5%8F%B2&lid=1001000222696 (2017.12.4確認)

・「耳飾り・歴史」と検索した。

<世界>
古代では装飾や呪術(じゅじゅつ)、あるいは地位の象徴として用いられた。『旧約聖書』やギリシア神話のなかにもイヤリングの記述があり、古代エジプトの壁画にはしばしば巨大な耳輪が登場し、発掘品のなかには鉄製のものや、宝石と金銀細工のペンダント型がみられる。

<日本>
古代では装飾や呪術(じゅじゅつ)、あるいは地位の象徴として用いられた。『旧約聖書』やギリシア神話のなかにもイヤリングの記述があり、古代エジプトの壁画にはしばしば巨大な耳輪が登場し、発掘品のなかには鉄製のものや、宝石と金銀細工のペンダント型がみられる

<習俗>
耳たぶは身体のなかでも加工がしやすいため、穴をあけてさまざまな素材、形態の飾りをつける習慣が世界中でみられる。素材には、木、木の実、花、動物の骨や牙(きば)、金属、石などが用いられる。その記号としての意味も、魔除けや呪術的力をもつ、地位や身分を示す、性的魅力を強調するなど多様である。

コトバンク
https://kotobank.jp/word/%E8%80%B3%E9%A3%BE%E3%82%8A-639668#E6.97.A5.E6.9C.AC.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E5.85.A8.E6.9B.B8.28.E3.83.8B.E3.83.83.E3.83.9D.E3.83.8B.E3.82.AB.29 (2017.12.5確認)

【図書】
高山純著 「民族考古学と縄文の耳飾り」  東京 : 同成社, 2010.4, 281p. 本館請求記号210.25 - Ta56, (ものが語る歴史;19), ISBN9784886215031

【文献】
上田 薫 「古墳時代の耳飾り」 『杉野服飾大学・杉野服飾大学短期大学部紀要』 5, 105-110p. 2006, 杉野服飾大学
https://sugino-fc.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=78&item_no=1&page_id=13&block_id=21 (2017.12.5確認)

【Webページ】
「鹿児島県上野原縄文の森」に縄文のくらしや縄文のファッションについての記載があった。
http://www.jomon-no-mori.jp/fashion.htm (2017.12.4確認)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
衣住食の習俗  (383 9版)
参考資料
(Reference materials)
高山純 著 , 高山, 純, 1938-. 民族考古学と縄文の耳飾り. 同成社, 2010. (ものが語る歴史 ; 19)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010860494-00 , ISBN 9784886215031
キーワード
(Keywords)
耳飾り
縄文式文化
文化人類学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000225868解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!