このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000225713
提供館
(Library)
宮城県図書館 (2110032)管理番号
(Control number)
MYG-REF-170072
事例作成日
(Creation date)
2015/11/20登録日時
(Registration date)
2017年12月01日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年12月01日 00時30分
質問
(Question)
「直礼」の読み方と意味が知りたい。
回答
(Answer)
1 「直礼」の読み方について
下記資料に記載がありました。※【 】は当館請求記号です。
資料1 国史大辞典編集委員会 編『国史大辞典 10』吉川弘文館, 1989【210.03/コ4/10R】
p.531 「直会」の項
「(前略)ナオライの用字は、猶良比(『続日本紀』)、直相(『続日本後紀』)、奈保良比・直食(『皇太神宮儀式帳』)、直会(『延喜式』)、直礼(『下学集』)などと書かれたが、こんにちはもっぱら「直会」が用いられている。(後略)」

資料2 中田祝夫『文明本節用集研究並びに索引 索引篇』風間書房, 1970【813/ナ1-2/2タ】
p.450 「ナホラヒ〔直礼〕 ナヲライ」

2 「直礼」の意味について
下記資料に記載がありました。
資料1 国史大辞典編集委員会 編『国史大辞典 10』吉川弘文館, 1989【210.03/コ4/10R】
p.531 「なおらい」の項
「神祭において、神の飲食物として供える神饌と同様のもの、または供えた神饌の撤下品を響膳となし、これを酒食する儀礼をいう。(後略)」

資料3 小学館国語辞典編集部 編集『日本国語大辞典 第10巻』小学館, 2001【813.1/00Z/10R】
p.49 「なおらい」の項
「祭りにおいて、神事の後神前にささげた神酒・神饌(しんせん)をおろして行なう共同飲食の宴会行事。また、そのおろした供え物。(後略)」

資料4 薗田稔,橋本政宣 編『神道史大辞典』吉川弘文館, 2004【170.33/シン047/R】
p.746 「なおらい 直会」の項
「神祭において、神の飲食物として供える神饌と同様のもの、または供えた神饌の撤下品を響膳となし、これを酒食する儀礼をいう。(後略)」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
神道  (170 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
神道
儀礼
祭典
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
社会人
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000225713解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!