このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000225330
提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中千葉-2017-3
事例作成日
(Creation date)
2017年06月09日登録日時
(Registration date)
2017年11月24日 11時18分更新日時
(Last update)
2017年12月09日 16時07分
質問
(Question)
幕末、銚子に移住し石黒流という柔術を犬吠埼の漁師に教えたという石黒(号は関斎)という人物について書かれている文献が知りたい。
回答
(Answer)
石黒関斎についての記述は【資料1】、【資料2】にありますが、事前調査事項の内容以外の事柄は見つかりませんでした。

【資料1】『銚子市史』(篠崎四郎編 国書刊行会 1981)
p.436「外川の石黒某は石黒流柔術をもって門人多数を養成していた」
「石黒某に就いては、渡海神社境内に「石黒流柔術碑、為石黒先生供養、杉原康定、外川門人建、明治四十三年八月」と刻し、門人十八名の姓名を誌した碑が建っている」
とあり、石碑の建立は明治43年8月と記述されています。

【資料2】『秘伝古流柔術技法』(平上信行著 愛隆堂 1992)<西部図書館所蔵>
p.340「銚子渡海神社に明治四十三年に建てられた石黒流開祖、石黒関斎の供養碑」の写真が掲載されています。
p.341「石黒流の多彩な技法の数々」として写真6枚と解説があります。

以下の資料は確認しましたが、石黒関斎の記述は見つかりませんでした。
1 千葉県関係
『千葉県柔道連盟五十周年記念誌』(五十周年記念誌編集委員会編集 千葉県柔道連盟 2000)p.13-20「柔道の昔と今」
『千葉県体育・スポーツ黎明記』(藤森寿男著 藤森寿男 1982)p.57-61明治期の柔術
『熱血譜 青春・激闘・挑戦』(角田迪夫著 安房高柔友会 1999)
『銚子の歴史と伝説』(銚子市郷土史談会編 銚子市青少年文化会館 1993)
『郷土歴史人物事典 千葉』(高橋在久編著 第一法規 1980)
『千葉県人物・人材情報リスト 2013第2巻』(日外アソシエーツ株式会社編集 日外アソシエーツ(制作) 2012)社会福祉・社会教育、教育の項
『千葉県人物・人材情報リスト 2013第3巻』(日外アソシエーツ株式会社編集 日外アソシエーツ(制作) 2012)スポーツの項
『国史大辞典 1 あ-い』(国史大辞典編集委員会編 吉川弘文館 1979)
『房総人名辞書』(千葉毎日新聞社編 国書刊行会 1987)
『千葉県教育史 巻1』(千葉県教育会編 青史社 1979)p.680-704「銚子市、海上郡の私塾及寺子屋教育」、p.999-1003「著名武術家列傳」
「史学文献目録 日本史(4)」(『史学雑誌』124編8号 2015.08)p.1539-1501<東部図書館所蔵>

2 柔道関係
久保田敏弘「「天神真楊流柔術」について(その三)殺法・活法」(『柔道』67巻10号 1996.10)p.56-63
横山健堂「天神眞楊流元祖の事(柔道文學)」(『柔道』14巻11号 1943.11)p.32-36
石黑敬七「柔道讀物 奇聞片々」(『柔道』13巻10号 1942.10)p.42-45
『日本武道流祖伝』(川内鉄三郎著 日本古武道振興会 1935)p.133-142
『日本武道全集 第5巻 (柔術・空手・拳法・合気術)』(今村嘉雄, 小笠原清信, 岸野雄三編 新人物往来社 1966)p.420-441
(インターネット最終アクセス:2017年11月22日)
回答プロセス
(Answering process)
1 千葉県関係資料から調べる
(1)事前調査事項より銚子に住んでいた人物とあるので、銚子の資料を確認する。
【資料1】『銚子市史』(篠崎四郎編 国書刊行会 1981)p.436に記載あり。

(2)自館の蔵書検索システムから調べる。
自館蔵書検索システムで、全項目「柔道」×資料種別「千葉県資料」、件名「スポーツ-歴史」×資料種別「千葉県資料」と検索し、以下の資料を確認したが記述は見つからず。
『熱血譜 青春・激闘・挑戦』(角田迪夫著 安房高柔友会 1999)
『千葉県柔道連盟五十周年記念誌』(五十周年記念誌編集委員会編集 千葉県柔道連盟 2000)p.13-20「柔道の昔と今」
『千葉県体育・スポーツ黎明記』(藤森寿男著 藤森寿男 1982)p.57-61「明治期の柔術」

自館蔵書検索システムで全項目「江戸 柔術」と検索する。
『近世やわら達人伝』(小佐野淳著 壮神社 2003)<東部図書館所蔵>p.215-227「天神真楊流 福田八之助」には記載は見つからず。
【資料2】『秘伝古流柔術技法』(平上信行著 愛隆堂 1992)に記載あり。

(3)郷土資料の分類記号C235(下総地方の歴史)の棚から探す。
以下の2冊を確認したが、記述なし。
『銚子の歴史と伝説』(銚子市郷土史談会編 銚子市青少年文化会館 1993)
『銚子の歴史と伝説 続 銚子市郷土史談会三十五周年記念誌』(銚子市郷土史談会企画・編集 秀英社 2009)

(4)千葉県立中央図書館千葉県資料室作成の「ビギナーのための地域行政資料入門」( http://www.library.pref.chiba.lg.jp/search_chiba/index.html#guide )から探す。
p.11を参考に、辞典類や『国史大辞典』を調査するが、以下5冊には見つからない。
『郷土歴史人物事典 千葉』(高橋在久編著 第一法規 1980)
『千葉県人物・人材情報リスト 2013第2巻』(日外アソシエーツ株式会社編集 日外アソシエーツ(制作) 2012)社会福祉・社会教育、教育の項
『千葉県人物・人材情報リスト 2013第3巻』(日外アソシエーツ株式会社編集 日外アソシエーツ(制作) 2012)スポーツの項
『房総人名辞書』(千葉毎日新聞社編 国書刊行会 1987)
『国史大辞典 1 あ-い』(国史大辞典編集委員会編 吉川弘文館 1979)

(5)CiNii Books( http://ci.nii.ac.jp/books/ )、CiNii Articles( http://ci.nii.ac.jp/ja )から探す。
キーワード「石黒関斎」、「石黒 関斎」、「石黒流」で検索。CiNii Articlesの全文検索でキーワード「石黒 関斎」と入力すると、「史学文献目録 日本史(4)」(『史学雑誌』124編8号 2015.08)p.1539-1501<東部図書館所蔵>がヒットし、内容を確認したが石黒関斎とは無関係。

(6)国立国会図書館サーチ( http://iss.ndl.go.jp/ )から調査する。
キーワード「石黒関斎」はヒットなし。「江戸 柔術」と検索してヒットするレファレンス協同データベース事例「埼玉県の柔術についての文献が知りたい。また、『埼玉県教育史 1』に名前がある柔術家「深井勘右衛門景周」についての文献が知りたい。」( http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000071130 )よりヒントを得て、
『千葉県教育史 巻1』(千葉県教育会編 青史社 1979)p.680-704「銚子市、海上郡の私塾及寺子屋教育」、p.999-1003「著名武術家列傳」
を確認するが見つからず。

(7)菜の花ライブラリーから探す。
千葉県立図書館ホームページで公開している、千葉県関係のデータベース「菜の花ライブラリー( http://www.library.pref.chiba.lg.jp/nanohana/index.html )」で「石黒 関斎」と検索するが、ヒットなし。

2 柔道関係資料から調べる。
事前調査事項にある、天神真楊流柔術、真之神道流柔術から調査する。
国立国会図書館サーチで「天神真楊流 石黒」と検索したが、以下の資料に記載は見つからず。
3つとも図書館送信参加館内公開資料。
久保田敏弘「「天神真楊流柔術」について(その三)殺法・活法」(『柔道』67巻10号 1996.10)(info:ndljp/pid/6073754)p.56-63
横山健堂「天神眞楊流元祖の事(柔道文學)」(『柔道』14巻11号 1943.11)(info:ndljp/pid/6073163)p.32-36
石黑敬七「柔道讀物 奇聞片々」(『柔道』13巻10号 1942.10)(info:ndljp/pid/6073150)p.42-45

同じく国立国会図書館サーチで「天神真楊流柔術」と検索して以下の2冊を確認したが、記載は見つからなかった。2つとも国立国会図書館デジタルコレクションの図書館送信参加館内公開資料。
『日本武道流祖伝』(川内鉄三郎著 日本古武道振興会 1935)(info:ndljp/pid/1869411)p.133-142
『日本武道全集第5巻(柔術・空手・拳法・合気術)』(今村嘉雄,小笠原清信,岸野雄三編 新人物往来社 1966)(info:ndljp/pid/2466849)p.420-441
事前調査事項
(Preliminary research)
・石黒という苗字 名前は不明 号は関斎。
・幕末に銚子に移住。
・天神真楊流柔術、真之神道流柔術を極めていた。
・石黒流柔術を創始。
・弟子に杉原康定という眼科医がいる。地元の名士だった。
・渡海神社に明治43年11月に石黒関斎の供養のために建立した石碑がある。
以上の情報の出典は不明。
NDC
個人伝記  (289 9版)
武術  (789 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『銚子市史』(篠崎四郎編 国書刊行会 1981)(9200288601)
【資料2】『秘伝古流柔術技法』(平上信行著 愛隆堂 1992)(1101098060)
キーワード
(Keywords)
石黒関斎
柔道
千葉県-銚子市
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000225330解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決